2024.02.18

ひとり立ち強制執行

4年間、だいたいアコースティック音楽サークルの活動で余暇を埋め尽くしていた娘。嫁が子供の頃から習わせていたピアノ=キーボードに加えアコギとカホンを扱えるようになり、それはそれで人生が豊かになって良かったのですが、得意の対人スキルで半年前に無事内定をゲットしてからは専ら、NPO絡みのボランティアで得た人脈を生かした町おこし活動に目覚めてしまいました。上記の音楽スキルを生かしたライブイベント、これも子供の頃から仕込んでいたコーヒードリップ(ネルではなくペーパーフィルターですが)の技を出店で披露したり、本を題名が分からないようラッピングし、表に貼り付けられた紹介文だけを頼りに選んでもらうロシアンルーレットな企画など色々考えては実践、春からは我が家から 二駅離れた場所に独居の上で好き放題やる予定だった模様。

・・・

ところが、内定先から勤務地・東京圏のオファーが3週間前に届いてしまい、家族でガックリ。“9割方は希望通り大阪勤務でしょう”との甘言に つられたとはいえ、土日休めること前提で100%大阪勤務だった同業種の別会社を蹴ったことへの後悔しきり。まあ文句言っても内定蹴るわけにもいかず仕方がないので、さっそく両親を引き連れて部屋を確保に東下りすることになりました。

伝手となったのは母親(嫁)の幼馴染。我が家を購入する際にもお世話になった、全国区の不動産チェーンの販売網を頼りました。勤務地が東京23区内に散らばり、また1割程度の確率で横浜にもなり得る状況(確定は4月の研修明け)ではピンポイントで探すこと ままならず、ざっくり小田急線か中央線沿線で探すことになったものの、初日土曜の時点で上がった候補は どこも一長一短。駅近で便利なら部屋は超狭い、しっかりした広いマンションなら閑静過ぎてコンビニもない不便な立地等々。うんうん悩みながら一日目終了。ちなみに娘は昨日いっぱい、取り潰し予定のビルの一角を使ったイベントでコーヒースタンド+αを担当していて二徹の状況で東京入りしており、心身ともにボロボロの状態でしたが、一日耐えきった上に夜ぐっすり寝たら二日目は見事に復活。若いな。

そして二日目日曜の朝、幸いなことに飛び込んできた新物件が なかなかの好条件。古めの物件でオートロック有り宅配ボックス無しながら、繁華な商店街を抜けたところにあるマンション最上階、しかも南東角の使い易い真四角10畳部屋。本来冷蔵庫を配置すべき場所に給湯器と少々謎な間取りながら、これで東京圏8万強なら十分許容範囲。一泊覚悟で来た甲斐がありました。娘としては7万円台に抑えたかったようですが、モタモタしているうちに良い物件は次々契約されていくと思われる中、たった2日間の限られた時間内に出会えたこの物件とは“縁があった“と考え、背中を押しました。

部屋空間が決まれば夢も広がるもので、さっそく娘は狭い台所の代わりに愛用の屋台(木製折り畳み式の販売台)を設置、その上で色々調理したいなど。ロクに料理経験もないのに、と思いつつ、そこは嫁の守備範囲なので任せるとして、私はスマホやネットの契約を如何に安く抑えるかに注力することにしました。

独り暮らし自体は元々希望していたものの、掃除洗濯食事など全て母親に任せっきり、生活力の まるでない自宅生あるある状態な娘が、いきなり遠方で独り立ちできるとは思えず色々心配ですが、そこは親にとって子離れの機会。本人にも一度イタい目に遭ってもらって身に沁みれば学ぶところもあるだろうと考えています。安月給なので外食控えて自炊となれば、最寄りの24時間営業のスーパーが大いに味方になってくれるでしょう。しっかり生活基盤を整えた上で、やりたがっていた週末の町おこし活動を東京でも繰り広げてもらいたいものです。眼の前の商店街には活気があるので、そのへん楽しみにしているようで、ちょっと凹んでいた東京行にも前向きになってくれたのは幸いでした。

3/2追記》

いろいろ準備もあるはずなのに、娘は相変わらず毎日おでかけ、人に会う予定が途切れないようです。こちらにいるうちに繋いでおきたい人脈なのだろうと理解はしますが、もうちょっとマンションの契約書とか読み込めよ、と嫁と一緒にボヤいております(^^;

| | コメント (0)

2023.04.30

神は細部に宿る(Studio_Rosso)

 

 

Allex

約18年間もの間、嫁と一緒に乗り続けていたマイカー、TOYOTA ALLEXは内装品の経年劣化および原因不明の異音発生に伴い3年半前、やむを得ず引退となりました。子供の幼稚園通いを機に、ペーパードライバー状態から再びハンドルを握ることになった嫁にとって手足のような存在だったこと、そして数々の家族旅行の思い出が紐づいていることもあって、今もって思い入れ深いものがあります。

Imgp3120

<シャンパンシャワーでお別れしました>


後年、ふとモデルカーで残すことはできないものかと考えました。

J-COLLECTION 1/43scale Toyota Allex Xs 150 G

しかし残念ながら、実車と同じシャンパンゴールドのものは入手できず、上記のような色違いのみでした。ボディ塗装の塗り替えならできそうとの情報は、昔ミニカー作りに凝っていた義兄からの情報で持っていたものの、自分にそのような技術も経験もなく。

そこで思い切って、ミニカー屋さんの店頭で何とかならないか相談してみたところ、紹介されたのが下記工房でした。
「Studio_Rosso」

状況を伝え、細かな遣り取りの末、1ヶ月半ほどかかって届いた完成品。驚きました。

Rimg0503

Rimg0504

Rimg0507

Rimg0509

Rimg0513

 

第一印象として、思った通りのボディカラー、オプションで再現してもらったヘッドライト上のガーニッシュ、そしてナンバープレートまで、それだけで十分満足のゆくものだったのですが、工房のブログに作業工程が記されていることを後日知り、改めて細かい部分を見ていったところ、想像以上に手が加えられていることが分かりました。

・メタリック塗料は実車に使用しているもののままだとスケールモデルでは目が粗くなってしまう→濾し取り新たに微細なメタリック粒を加える


・メタリック塗料のままでは艶消し状態→クリアカラーでコート。

(小さなドアミラーまで塗装を!!)


・もとのミニカー、ダッシュボードが艶々の黒だった(私は気づかず)→フラットブラックに


こうした工程上のノウハウ、気付きもキメ細かいのですが、各パーツへの手入れもすごい。

 

Rimg0515

トヨタのエンブレムや車名ロゴを新たに制作し貼付してくれていました。

 

Rimg0516

ミラーはステンレス板を加工し再現。※ちゃんと後ろの景色が写っている

 

Rimg0521

ナンバープレートを取り付けるボルトを再現(後部プレート左には封印も!車名ロゴ写真参照)

 

Rimg0518

元のミニカーでは只のモールドだったドアハンドルを新規作成、再現。

 

他、ワイパーやアンテナも新たに塗装し直した上で元通りに組んでくれています。

お願いした工房の主は、ブログに「今まで乗っていた車全てを再現すると言うのが模型が好きになった理由」と書いておられます。しかし趣味の域を超えた手管の数々、職人の腕というものは本当に凄いです。嫁と相談し完成品は玄関先の一等地に配置される予定です。

将来、現在の愛車(HONDA FIT 3)に思い入れができたら、改めて再現をお願いすることになるかもしれませんね。

| | コメント (0)

2020.10.31

見える贅沢(術後)

術後初めての両眼視は、これまでになくクリアな視界で脳が混乱しております。メガネにコンタクトレンズを併用し始めた時以来の、久々に無限遠まで見通せる世界に感慨もひとしおです。どんだけ視界が曇っていたのか、どんだけ見えてなかったのかと。
 
レンズの固定焦点化でボヤける範囲が広くなるかもという懸念は杞憂でした。近点が右目約45cm、左目約30cmと ほぼ狙った距離に来てくれたおかげで、従来使用していた累進焦点レンズのメガネを流用でき、両眼視で手前35cmあたりから ほぼ無限遠までワーキングディスタンスが取れることが判明。ずっと手元の文字を読むのはつらいけれど、その時は裸眼になればいいわけで、当面は何とかなりそう。社会復帰が早まりました。
 
最強度の近視への対応からメガネと併用せざるを得なかったソフトコンタクトレンズの装着感が、結構重荷となっていたことも実感しています。帰宅後は一刻も早く外したくなる日が近年多かったので、コンタクトに頼らずに見える身軽さは大きいです。レンズ代のランニングコストも今後は削減され、手術代は約2年で回収できます。

近視の主因たる水晶体を撤去したことで、今後の近視悪化の心配が減ったとも言え、終わってみれば「もっと早くやっておけばよかった」と言わざるを得ない。とはいえ、本格的に視力が安定する1か月先までは試運転。そこで初めて新しい眼鏡を調整し、本領発揮です。見え過ぎて困るという贅沢に早く慣れたいものです。

片目生活を数日間経験したわけですが、利き目の優位性というものも痛感しました。私の場合は右目ですが、現在も左目はメガネで矯正しきれていないにもかかわらず ほぼ不便が無い。ただ、塞がれると それはそれで見づらくなるもので、両目で見ることも情報処理的に大切なのだと思いました。今後も酷使されるであろう私の目、大切にしたいものです。

 

| | コメント (0)

2020.10.30

ドレミファ(術2)

本日左眼。前回の補足。

術中、水晶体を破砕する超音波機器を眼内に挿入する際に水を そこそこの圧力で循環させるそうなのですが、装置の作動音が半音階で構成されたドレミファインバーターのようで(音階は上がったり下がったり)、音程が上がると共に眼に圧力というか鈍痛が襲ってきて、思わず呻き声が漏れる程度には恐怖でした。

| | コメント (0)

2020.10.29

片目生活(中日)

利き目が塞がれるというのは、かように生活しづらいものかと実感。本日その右目をオープン、流石にクリアに開ける視野。これまで如何にソフトフォーカスだったか知れるコントラストで、しばらく脳が混乱するかも知れません。狙ったピントが想定の30-40cm手前より若干遠いところに来たようで、ちゃんと文字を読もうと手癖で近づけると かえってボケる感じ。これは慣れるしかないでしょう。幸いだったのは、これまで使っていた累進焦点メガネ(プリズム入り)が、右目に関しては割とそのまま使えそうなこと。頑張れば手元から、交差点の向こうの距離まで見渡せる感じなので、なんとかこれで一か月持たせて最適なメガネを調整したいところ。いずれにしても明日の左眼の仕上がり次第です。

| | コメント (1)

2020.10.28

光の奔流(術中)

待機スペースから術場までの廊下を車椅子で移動する僅かな時間にも、局所麻酔の点眼を2回3回と繰り返す念の入れよう。手術台に横たわり、瞼をシールやら枠やらで固定されると、激しく眩しい三点の手術灯を見るよう言われ、網膜が焼ける思いをしながら凝視していたら手術開始。眼元で何かされるたびに視野は動き、滲んだ景色は万華鏡のよう。容赦ない光の奔流、時折聞こえてくる術者の呟きに若干怯えつつ、麻酔下でも感じる鈍い圧痛に呻きつつ、わずか10分に凝縮された特異な体験を終えました。覆いを撤去されても視野はブラックアウトしたままで心配でしたが、カッペで覆われた後には徐々に光を取り戻し一安心。ただ、処置後厳重に覆われた右眼の諸々の上に眼鏡をかけることは難しく、残った左目の視野の元、自分の足で帰宅することは断念。嫁に迎えを頼みました。明日の診察後には生まれ変わった右眼の見え方が判明。さて明日は どちらの目を使って行動できましょうか。明後日の左眼手術も滞りなく終えられますように。

| | コメント (0)

2020.10.26

眼を換装(術前)

数年前から羞明、およびクリアでない視界に困っており、眩しい かつ 暗くて見えない が共存している状態でした。加えて半年ほど前から利き目である右目の遠方視力が明らかに低下し、映画鑑賞はおろか日常のテレビ視聴(1.5m先)にも支障を来し始めたため、眼鏡屋で測ってみたところ、左右の度数差が著しく矯正の限界に近いと言われる始末。眼科定期受診を早めて主治医に相談し、右目の白内障進行が明らか、左も そこそことのことで、両眼とも手術に踏み切ることとなりました。

勧めに従い単焦点レンズの予定。多焦点は保険が効かない、単焦点と較べると視界のクリアさに劣るなど。もともと後部硝子体剥離後で飛蚊症があり、見えづらくなる要因は少ない方が良いと考えもしました。
水晶体を眼内レンズに換装=ピント調節能力を失うということですが、固定焦点となった視野が どのようなものか見当もつかず若干心配です。理屈で言えば、明るいところなら瞳孔が閉じて被写界深度が深くなり、ある程度広い範囲でピントが合って見えるだろうとは思うものの。

術後一週間もすれば通常業務に戻り、室内照明の下で目前40~90cmあたりにピントが合ってくれないと困る状況なので、眼鏡の作製を(視力が安定するとされる)1ヶ月先まで待てず、術後数日内に”間に合わせ”の眼鏡を作る算段をしています。こういう時は格安メガネ販売店が ありがたい存在。
術後の裸眼視力で目前30-40cmあたりにピントを置くよう眼内レンズの度数は設定されるはずで、狙った通りであれば近距離は裸眼、90cm~1mの近・中距離は眼鏡運用となる予想ですが、こればかりは術後にならないと分かりません。ちょうど良い距離に裸眼ピントが合っていますように。

見えづらさゆえに紙媒体を読むこと、カメラのファインダーを覗き込むことなどが苦痛だったこともあり、手術に不安はあれど期待も そこそこ大きいです。身近な手術経験者からは、術後特に不便になったとは聞かない点は安心材料のひとつ。良い経過を祈ります。

| | コメント (0)

2019.03.17

鈍色(にびいろ)の記録 Kodak M532

鈍色の季節、色彩豊かな写真が撮れないなら いっそモノクロで・・・と思い、久々にKODAK M532を連れ出しました。6年前に一度手離し、最近再入手。もちろん有名なこちらの記事を見ての愛用です。

(全てTri-Xモード)
100_0805_2

100_0809_2

100_0821_2

100_0824_2

100_0843_2

このモデルのフィルムシミュレーション、当倍観察してもデジカメ臭いドットが見えず、フィルムを高画素スキャンした時の粒子感にそっくりです。そのおかげかどうかは分かりませんが写真としての仕上がりも上々。といっても写真部出身ではない私に実際のTri-X使用経験はありません。エセ写真愛好家で申し訳なし。

M532green

前回所有時は赤ボディ、今回は緑。eBayの中古なら手が出る価格でした。正直古いモデルで操作のレスポンスが よろしくないですが、撮影の1枚1枚に時間をかけることになり、銀塩カメラの撮影テンポに似てきます。丁寧に撮る、それが良い。

そろそろ春めいてきたので、Kodachromeモードでも一枚。

100_0846_2

すごくシャープで良いレンズ。
 
フィルムモードでは加工前の画質を担保するためかISOが最低64まで落ちるようで、手ブレがひどくなります(元より光学式手ブレ補正など無い機種)。日中のお散歩カメラとして、スローテンポに付き合う分には良い伴侶です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.03

一冊完結本の世界 佐々木淳子/須藤真澄/とり・みき/都戸利津/朱戸アオ

一冊で物語が完結するマンガが好きです。何十巻も続く大長編な名作もあるけれど、語り過ぎずに完成された一冊の世界は生命球のように美しく、描かれなかった部分への想像力も自然と掻き立てられるというもの。調べてみたら こんなサイト もあり近作はそちらを見ていただくとして、今や忘れ去られそうな名作を挙げてみます。いずれも単行本を新品で手に入れることはできず、いま読む方法は古書か電子書籍になるわけですが、著者への敬意を込め、できれば電子書籍で読んでいただきたく。

SHORT TWIST 佐々木淳子 1988年

意識だけが時間跳躍するという斬新なアイデアの元、主人公・操の”意識”の時間軸に沿って語られる構成で、天才物理学者・拓美と謎の刺客・レニーが ある目的を持って対峙する。そして壮大ながら余韻を残す幕引き。「ダークグリーン」で見事な異世界を構築した佐々木先生の面目躍如。


アクアリウム 須藤真澄 1994年(2000年再版)

金魚の”おじいちゃん”が住まう世界に意識を繋ぐ主人公・杢子と17歳年上のおば=おねえちゃん・しずかの5年ごとに語られる日常描写。牧歌的な絵柄とお話は世界の秘密の全てを語ることもなく、ただ心地よく進んでゆきます。出会って四半世紀、いまだにオールタイムベストの一冊。(映画化もされました)


冷食捜査官(1) とり・みき 2008年

人々が合成食だけを許され”食料統制”が行われる中、かつての生きた素材による食事を求めて冷凍食品=冷食が裏で取引される世界。ハードボイルドなセリフを吐きながら小ネタ満載のコマの中を冷食捜査官が狂言回しの如く動き回り、止まらぬ含み笑いとともに意外なヒューマンドラマで魅せる、良い意味で一筋縄ではいかない作品。第1巻の表記はあるものの、最初の一話が掲載されてから単行本化まで17年かかっていることを考えると続刊は何時になることやら。ということで実質、一冊本です。


環状白馬線 車掌の英さん 都戸利津 2009年

当時たいへん評判を呼んだ名作。見事な構成に考え抜かれたネーム、すべてが優しい世界。迷わず読むべし。紙の本ないのかー(悲)


Final Phase 朱戸アオ 2012年

パンデミックもの、というジャンルがあれば、いの一番に思い出される作品がこれ。扱われるウイルスは全く一般的ではないのに、説明臭いセリフもなくミステリ作品のように一気に読ませる技量がすごい。医療関係の描写も的確。その後、作者は講談社の青年誌に移籍して「リウーを待ちながら」で本作をリブート(物語の構図と主要人物の造形から確信)。今年4月からはインハンド・シリーズが 実写ドラマ化 とあり、作者いよいよブレイクか。本作の再版に期待。
 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.10

イヤホン道楽(アシダ音響 EA-HF1)

通勤の満員電車内の気晴らしにはスマホSNSより音楽を選ぶ方で、プレーヤーは”そこそこ”のものでも出口たるイヤホンには少々こだわりたいこともあり、コスパ高いと評判の中華イヤホンをAmazonで買い漁った頃もありました。結局、聴き疲れせず外での装着感に優れるAurvana In-Ear2(シュア掛け使用)、HP-CN40Aに長年落ち着いていますが、ちょっと年末に物欲が疼き、例年お世話になっている”ふるさとチョイス”で見つけた唯一の選択肢が、このアシダ音響EA-HF1でした。

Rimg0401

使い良いように少々手を加えています。以下サイトを参考にさせていただきました。
スライダー自作: http://kama3104.blog96.fc2.com/blog-entry-99.html
コネクタ断線予防: https://www.appps.jp/135092/

まだエージング不足で音が硬いままでの印象ながら、音場の広さと高解像度が印象的。通勤の雑踏雑音下でも、同じ音源で今まで聴こえなかった楽器の音が聴こえる驚き。ボーカルのコーラス部分も分離が良く、各パートを聞き取ることができます。なんたる高性能!再生帯域はスペック上ハイレゾ仕様、聴感上もワイドレンジ。高域はクセなく粒立ち、低域はボリュームないもの最低音まで伸び切っています。ボーカルよりインスト向けと言えましょう。ただ、モニターライクな味気ない音ではなく響きをもって聴かせてくれます。

ふるさと納税で入手したわけですが、震災の爪痕残る石巻市に貢献できたという思いもあり、大変満足な返礼品でした。

↓Amazonでも買えます。コスパ良し!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«言葉空間と、その外側  池辺葵/田村由美