« 2004年2月14日 | トップページ | 2005年4月25日 »

2004年2月29日

2004.02.29

きづきあきら「氷が溶けて血に変わるまで」

前作「モン・スール」が店頭立ち読みでの衝動買いで、これが二冊目。すみませんね同人誌もウェブコミックも縁がないもので。(ついでに雑誌も読まぬ不勉強者です)

1作目の、ある種の読者にとって蠱惑的なテーマの割には繊細な人物描写が気になって買ったわけですが・・・そんな気はしてたけれど、プロフィールとか見てるとやはり女性なのですか?

まあ今時、作家の性別にこだわっても意味ないのかも知れませんが、感性その他諸々、男と女の間にある深い河はそう易々と超えられないのではないかと思っているもので。

テーマが挑発的、というかあざとい面も見せつつ、少しでもそれに引っかかりを覚えた読者をひきずり込むだけの力量はあるかと。作品としてはこちらの単行本に収録分の方が古いようで完成度は前作に分がありますが、絵の訴求力はすでに素晴らしい。

現在連載中らしい「ヨイコノミライ!」も、多分単行本を待つことになりますが、それまで&それからも同人の頃の気ままな感性を保っていただきたいです。(追記・絵のタッチが変わってしまっていたのはショックでした…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月14日 | トップページ | 2005年4月25日 »