« きづきあきら「氷が溶けて血に変わるまで」 | トップページ | 今さらRICOH R1 »

2005.04.25

Contax G1 + Planar 45mmF2

京セラが銀塩&デジともに撤退と聞いて先ず考えたのはT3あるいはTixをゲットすることだったのだけれど、カメラのナニワ本店で実機に触れても今ひとつ触発されるものがなく、悶々とするうちに梅田の八百富でバッタリ
目が合ったContax G1。レンズ込みで37kだったので、つい手が出てしまいました。

並んであったG2と較べる。そんなに違わないはずなのに、ずいぶんデカい感じ。撫で肩の分G1が小さく見えるわけですが、デザイン的にもG1の方がまとまってますし。(G2買えない悔しさで言っているわけではない…はず…)

遅い合わないと低評価なAF性能ですが、触ってみれば単焦点コンパクトの出はじめた頃は皆こんな感じだったわけで、違和感とくに無し。むしろこれくらいのスピードが自分の撮影するテンポに合っているように思い、愛着度さらにアップです。でも時々レンズの蓋を取り忘れます。

フィルム一本通しただけで画質を語れるものでもないけれど、一眼レフのプラナーと較べてコントラストで見せる傾向か。やっぱもう少しピントが来て欲しいナー、みたいな。

時に画角が欲しい時もあり、かといって28mmはなぜか苦手なので、次は35mmを狙うべく貯金開始です。

t_Scan1

|

« きづきあきら「氷が溶けて血に変わるまで」 | トップページ | 今さらRICOH R1 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/4514856

この記事へのトラックバック一覧です: Contax G1 + Planar 45mmF2:

« きづきあきら「氷が溶けて血に変わるまで」 | トップページ | 今さらRICOH R1 »