« 2005年10月8日 | トップページ | 2006年3月21日 »

2005年11月5日

2005.11.05

悲しいほど高性能 キヤノン・オートボーイS

Canon Autoboy Super

高速1/1200秒シャッターを奢り、”一眼レフ並み”のレンズ描写。発売当初の売り文句は確かそんな感じだったと思う。手を出そうにも新品は値が張り、中古では良い玉にめぐり合えず、そのうちズームコンパクトに対する”写り”への偏見が(さまざまな体験から)己の中に深く澱んでしまったため、良玉を探すにさして努力を払わぬようになって幾年。
たまたまネットオークションで1200円という手頃過ぎる価格で落札できたので、かつての憧れの君は我が手中に。かなりトウが立ってしまわれましたが。

後継機種で海外生産となってしまう前の、メイドインジャパンなる刻印は多少気持ちの弾みとなるか。といっても質感はさして良くも悪くもなく、ボタン式のズーム調整は流石に全時代的ではあるものの、その大きさゆえにハンドリングはむしろ良好。(ボディ前面の指かかりは更に深くあるべき)この時代の3点測距にしては中抜けは少なめだが、モードダイヤルで設定することになるスポットAFが同じくモードダイヤル上のマクロと併用できないのは寂しい。ストロボoffボタンが背面の蓋の中、という使いにくさは他所でも指摘されている。これは「キレイに撮るから調光はカメラに任せて」という自信の表れでもあろう。でもなあ。

T_autoboys

写りはいい!電源オンですぐに使うことの多いワイド端でのシャープネスは、短焦点コンパクトのそれに劣るものではない。また、ズームコンパクトにしてはボケがそれほどうるさくないため、少なくともマクロ撮影やポートレイトの背景に幻滅することはないように思う。レリーズの切れも良く、ボタン式ズームを除けば使い勝手は良いと言える。わずか1200円のカメラがこれだけ使えるとなると嬉しいものだ。10年前なら、日々のスナップを切り取るための愛用品となっていたかも知れない。

…そう、10年前ならば。今このカメラを進んで使用するシチュエーションは恐らくそう多くない。家族イベントの撮影に、便利にズームコンパクトを使うならデジカメという強力な道具がある。実用品としての存在は認められても、趣味で持ち歩く程こだわるべきデザイン・機能を持ち合わせているわけではない。今となっては悲しきこの高性能。次にフィルムを通すのはいつの日か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月8日 | トップページ | 2006年3月21日 »