« 2006年10月18日 | トップページ | 2006年11月1日 »

2006年10月19日

2006.10.19

「岳(ガク)」 第2巻 石塚真一

公団の同じ棟に住む、嫁のママさん友達がうちに来て、マンガ蔵書を数冊持ち帰ったとのこと。借用リストを見てみたらガンダルヴァとか沈夫人の料理人とか牧神の午後とか、なんとも選択の渋いこと。こんな趣味と知っていたなら、もっと早くから語り合いたかったよ、奥様。再来週には引っ越すけどね。

「岳(ガク)」 第2巻 石塚真一 小学館ビッグコミックス

三歩は強い。三歩は、さりげない。三歩はとてもシンプルで、いつも笑っている。そんな彼が自分の山を楽しみつつ、一方で山に対峙し敗れた人達を救う(あるいは救えない)話。作者は山をよく知る人らしい。だから、というわけでもなかろうが、山の怖さと素晴らしさが紙面からビンビン伝わってくる。無駄に熱くならない淡々とした語り口が、またいいのだ。山で人が生きるの死ぬのと言っても、その程度のことなんだと突き放したような表現ではある。続巻をじっくり待ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月18日 | トップページ | 2006年11月1日 »