« 2007年11月6日 | トップページ | 2008年1月15日 »

2007年11月18日

2007.11.18

嫁教育

といっても家事の”さしすせそ”を教えるとか関白宣言ではなく。私のマンガ趣味に文句を言われる前にマンガに染めてしまおうという作戦で、結婚前から読ませ続けて早や5年以上。ほとんど読まなかった人が、人並に夜更かしなどしてページを繰るようになってきて良い傾向です。大体、嫁が読めるものは誰が読んでも面白いように思う(女性目線での感想、ということもある)ので、嫁の評価は他人様に勧めるときの参考になります。
T_dscf0122

でも、あずまきよひこ とか のだめ等は早い時期から好んで読んでいたけれど、まさかスプラッターな岩明均や一寸小難しい宗像教授にまでハマるとは予想外でした。とり・みきの「遠くへいきたい」も試しましたがシュール過ぎてついて来れなかったようです。残念!もう少しがんばりましょう。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

むんこ/かがみふみを/乙ひより

昨日は嫁さん子供と別行動。梅田で眼鏡を新調して、心斎橋で服買って、マクドでポテトをつまみつつマンガ読み→これ大事。電車の中とかファーストフード食べながらだと、なぜか家で読むより入り込めるので面白さも倍増します。今の職場に移るまではこういう時間がもう少し多かったのですが。


「だって愛してる」 第2巻 むんこ 芳文社まんがタイムコミックス

"泣かされてください"とのオビ文句に偽りなし。基本ギャグ4コマなので軽いけれど、悲喜こもごもで豊穣な味わい。でもって周到なストーリーテリング(4コマなのに)。終盤の展開は作者自身の身辺事情にシンクロしているのか。次の単行本は気長に待ってます、お大事に。


「まちまち」 第1巻 かがみふみを 双葉社アクションコミックス

表紙を見て、店先のレジでパラパラめくって、好みの絵柄だったら購入。こういうパターンでの的中率は大体6,7割といったところなのですが、今回は当たりでした。ストーリーは至ってシンプル、女の子の絵も普通にかわいくて、じゃあ何が面白いのかというと見せ方、演出なんでしょうね。とても思い入れしやすくてホコホコします。変に大人ぶらない中坊の恋、こそばゆくっていいなあ。でも番外編は反則だなあ。(奥付みて納得)


「かわいいあなた」 乙ひより 一迅社YHコミックス

話題の一冊に手を出しました。百合モノは少女セクトとか読んでみたけれど刺激が強すぎるというか実際訳がわからなかったのですが、これくらいならソフトでいいや。紺野キタ先生の「ひみつの階段」あたりと同じ空気を感じます。でも、表題作だけ雰囲気が違う。何でや、と思ったけれど読んでわかった。これは秀逸!久しぶりに女性作家らしい切れの良さを感じる一編でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月6日 | トップページ | 2008年1月15日 »