« むんこ/かがみふみを/乙ひより | トップページ | 徒然松の内 »

2007.11.18

嫁教育

といっても家事の”さしすせそ”を教えるとか関白宣言ではなく。私のマンガ趣味に文句を言われる前にマンガに染めてしまおうという作戦で、結婚前から読ませ続けて早や5年以上。ほとんど読まなかった人が、人並に夜更かしなどしてページを繰るようになってきて良い傾向です。大体、嫁が読めるものは誰が読んでも面白いように思う(女性目線での感想、ということもある)ので、嫁の評価は他人様に勧めるときの参考になります。
T_dscf0122

でも、あずまきよひこ とか のだめ等は早い時期から好んで読んでいたけれど、まさかスプラッターな岩明均や一寸小難しい宗像教授にまでハマるとは予想外でした。とり・みきの「遠くへいきたい」も試しましたがシュール過ぎてついて来れなかったようです。残念!もう少しがんばりましょう。
 

|

« むんこ/かがみふみを/乙ひより | トップページ | 徒然松の内 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

パタリロ源氏‥ 某も持ってます‥
(話としては、パタリロ西遊記の方が面白い気ぃもしたりしますが‥)
接家でも、魔夜マンガは家族で読んでます。
他にも奥様はパタリロとか、アスタロトとかも‥ あ、勿論パタリロ本編も‥

投稿: ゲルショッカー林 | 2007.11.18 17:00

岩明均の短編にも良い物がありますよね。
ご存知かもしれませんが。あははは。
アルキメデスのお話なんですが、
人間の心理を描かせると”いい味”出して来ますね。

投稿: tom_naka | 2007.11.18 21:28

お二方、いつもコメント恐縮です。

つい先日、ラシャーヌをようやくコンプしたところです。7巻まで出ているとは長年気付かず… 魔夜作品を網羅するのは至難の業で、アスタロトシリーズはあんまり読んでません。パタ源氏、派手な話ではないので作者も苦労しているかも。家政婦・奥様もよかったけれど、最近では親バカ日誌シリーズも面白かった(^^)

アルキメデス、といえばヘウレーカ?今、単行本がすぐに出ないので確認できませんが… 岩明先生の人物描写は基本的にドライで独特ですよね。人間の狂気を、そうとわかるような荒れた方法ではなく冷徹に表現できるというか。

投稿: もありん | 2007.11.18 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/17107036

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁教育:

« むんこ/かがみふみを/乙ひより | トップページ | 徒然松の内 »