« 2008年10月17日 | トップページ | 2008年11月16日 »

2008年11月15日

2008.11.15

新ブラックジャックによろしく 第5巻

新ブラックジャックによろしく 第5巻」 佐藤秀峰 小学館ビッグコミックスペシャル

一時のようなブームは去り、心なしかテンションがかなり下がって見えたSay hallo to Black Jack。最近は単行本に帯さえ付かず、地味にシリーズを重ねていますが、現在進行中の移植編は全盛期を彷彿とさせるテンションでクライマックスを迎えようとしています。以前のように主人公・斉藤の破天荒な行動力で物語を引っ張るのではなく、脳死移植の現場で行われている事象をむしろ淡々と精緻に描くことで、その非日常性を際立たせ、ドナー家族の心情を掘り下げつつ移植にまつわる(日本人の心情面も含めた)問題点を提起しようとしているようです。医療関係者が陥りがちな「必要とする人がいるなら移植医療は進めるべき」というストレートな思考に対して、レシピエントおよびその家族にかかる負担と不安を容赦なく描いて見せ、今一度、一個人の痛みを想起し思いをめぐらせるよう警告しているようでもあり興味深い。画力、構成力とも佐藤先生の豪腕は健在。ただ娯楽として読むには重過ぎるかなぁ… 

そういう時は真船一雄先生の「K2」読んで口直しをします。いやーけっこう面白いんですよ、村の掟で臓器提供とかやってますが(笑)そういうツッコミは抜きにしても、ネタが豊富でマンガとして愉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月17日 | トップページ | 2008年11月16日 »