« コンパクトカメラのある生活(その2・OLYMPUS CAMEDIA C-40 ZOOM) | トップページ | がんばれ旭光学/ペンタックス »

2009.06.13

ホタルに逢いに

通い慣れた万博公園の日本庭園で”螢の夕べ”なるものが開催されており、子供らに見せてやろうと連れて行ったのが先週末。ホタルの数より人の方が断然多い状況で(--; 一匹飛んだら何十人ものイイ大人が「おぉ~光った光った」と歓声を挙げ、水場の縁には人垣ができて肩車をしてやらねば何も見えないという体たらくで風情のカケラもなし。あまりに納得がいかず、仕切り直しを決意しました。

確か結婚前だったかに嫁と見に行ったのは高槻か能勢か、とにかく北摂のどこかの川べりで、案内板も何もない道路脇の路地から入った水辺でした。街灯から少し距離のある奥まった暗がりで、生まれてはじめて見たホタルの乱舞。ただただ絶句してました。ネットの頼りない情報でたどり着いた場所で、あれは相当にラッキーだったと思います。

いま漁ってもホタルの口コミ情報は多くありません。どうやら摂津峡近くの芥川沿いにいそうだという情報を得て、とにかくその辺に向かってGo。幸い金曜は定時に仕事から引けたので、子供らは晩ご飯と風呂を済ませておき、私が食事と身支度を整えた19時過ぎに家を出ました。暗いし初めての道で、芥川らしき流れにたどり着いたのは20時半過ぎ。目星をつけて車を止めると、遠くから「おった~」とヨソの子供の声。ビンゴ(^^

Hotaru

芥川清水緑道と書かれた看板近くにかかる橋、そのたもとの川原に淡い光源が多数乱舞していました(*^^*) 子連れ家族のほかに、近所の人とおぼしき老夫婦など自分たちを合わせても5、6組くらいの人出で、ゆっくり手に取れるほど近くでホタルの明かりを堪能できました。テントウムシなんかと同じで、ホタルってあんまり人が近づいても逃げないんですね。娘の服のリボンの陰に収まり飛んで行こうとしないホタルがいて、娘は「ブローチみたいや」と大喜び。息子は例によって(金魚すくい用の小さな)網を持って追っかけ回しておりました。

Hotaru2

Hotaru3

夜遅くなったのはアレですが、ちゃんとしたホタルのいる景色を子供に見せることができて良かった。来年も是非々々。

|

« コンパクトカメラのある生活(その2・OLYMPUS CAMEDIA C-40 ZOOM) | トップページ | がんばれ旭光学/ペンタックス »

私事」カテゴリの記事

コメント

蛍狩りされてきましたか(^^)
実はオイラも一昨日行ってきました。
小さいライトを持って行ってチカチカすると、
釣られてホタルもチカチカ始めます。
蛍狩りと言うより蛍釣り(^^)

人が多く集まる場所の場合、
多くは放流蛍の様ですが、
近年あちらこちらで放流されているので、
いつの間にかその土地に居着いた蛍もいる様です。

蛍に限らず、一度絶滅に近い状態に陥った種を、他の土地から連れて放流する事の
善し悪しもありますが、
やはり、そう言う種が復活してくれて、
根付いてくれるとなんだかうれしいもんです。
勝手ですねぇ。だははは。

投稿: tom_naka | 2009.06.14 06:10

>小さいライトを持って行ってチカチカすると、

あーそういう意味が。やってる子、いました。楽しそうなので来年は試してみます(^^

それにしてもホタルって、遅くなったら光るのやめてしまうんですねぇ。9時半過ぎると皆、お休みになられてしまいました。帰る頃合いだったんでちょうど良かったんですが。

件の高槻にもホタルを守る会があるようで、幼虫を放流しているとのHPがありました。元々居ついていた種なら生態系にも影響は少なかろうし、ありがたいことです。

投稿: もありん | 2009.06.14 14:46

10年ほど前までは、私のところからでも、
車で1時間ほど田舎に行かないと見られない代物でしたが、
ここ数年は、家のすぐ近くの水辺で比較的普通に
見られるようになりました。

それだけ、水がきれいになっている証拠なんですかね??

10年前に比べて固定資産税の年額が
3分の1近くまで下がってしまったことは
とっても複雑な思いですが、
こういう自然に関する部分は
まだまだ捨てたもんじゃないと感じました。

追伸・・・バナナの甘熟王、もありんの記事を読んだ後だったので、余計に親近感がわきました。

投稿: はばちょん | 2009.06.14 22:00

>10年前に比べて固定資産税の年額が
3分の1近くまで下がってしまったことは

終の棲家であるならば税金減ってラッキー、と開き直ることができますが… 一生(ほぼ)一度の高い買い物なだけに、そこまで評価額が落ちると切ないですよね~

なんか信じられませんが、うちの近所(豊中、吹田)も一応ホタルが現れる場所とされているようです。いわんや三木市をや(^^
http://furusatotabi.com/hotaruw/hotarutop0.htm

あの有名な大和川でさえアユが戻ってくるご時世なので、市街地の川の水質改善はけっこうトレンドなのかも?


王様は洋楽カバーだけでなくパロディ的な曲もいろいろ歌っておられるようで、'60年代サーフロックテイストな完熟王CMもその流れでしょうね。おさかな天国、パルナスのテーマに続いて他番組の先駆けとなるか?
ワンダバも定期的にかかるし、ほんまええ番組です>ラジメニア

投稿: もありん | 2009.06.16 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/45330566

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルに逢いに:

« コンパクトカメラのある生活(その2・OLYMPUS CAMEDIA C-40 ZOOM) | トップページ | がんばれ旭光学/ペンタックス »