« 一口目の幸せ | トップページ | 外せません »

2009.11.28

言葉にできない(MIQueen Vol.4)

Kanban


先週の土曜にMIQueen Vol.4参加。この1週間で、何か書こうとしてはウ~ンと唸り、キーボードを叩く手が止まってしまうこと数回。曲目を挙げてアレが良かった、これも面白かったと書くことはできても、どうにも納得がいかず。なんでしょうね、この伝えきれないもどかしさ。

いま記憶に残っているのは、あの場所に居合わせたという事実と、次回も是非、という想いのみ。圧倒的であったのは確かなのに、音の記憶は曖昧で、同録を聴いても”これではない”と思ってしまう。いや記憶は関係ないですね。そこにあったのは記録された音とは違う別の何か。(自分でも何を言っているのかわからなくなってきました)

受け止めるのに精一杯で、記憶にとどめることかなわず…といった感じなのだろうと考えてはいます。過去に演劇舞台でも似たような経験が数回ありました。感性のキャパシティが低いのか、とも。でもこうやって半年に一度、洗礼を受けるように生音・肉声に接することで、私のチャクラが漸く開くのかもしれません。勝手な言い草ですが、それまで歌い続けていて欲しい。そしていつか己の血肉となる日まで。

次回Vol.5は来年5月GW予定とのこと。重ねて言いますが、みなさんも是非。

|

« 一口目の幸せ | トップページ | 外せません »

音楽」カテゴリの記事

コメント

確かにあのライブを伝えるには、
その空気をその場で吸うしかないっすね。
言葉にした時点で、何分の一にもスケールダウン。
ああ、もどかしい。

一つ言える事は、楽しかったっすねぇ。(^^)b

投稿: tom_naka | 2009.11.29 22:08

>一つ言える事は、楽しかったっすねぇ。(^^)b

ま、ライブはそれでいいんですよね。とてもシンプルな答えをありがとうゴザイマス。

終わってからも楽しかったので、めっさ得した気分です(^^

投稿: もありん | 2009.11.29 22:17

そうですね。
私の場合は語彙力と表現力不足によるものですが

あのライブの感動を皆さんに伝えたいのだけど、どう表現したらよいものか言葉が見つからない。

MIQさんの迫力と「この曲を、あのアレンジで歌ってくれるなんて!」という驚きに圧倒されてしまったのも事実。

自分だけの宝物にしておくのが一番良いのでしょうか。
(いや。それはダメですね。広くMIQさんの魅力をつたえなければいけませんね)

投稿: ケ・セラ・セラ | 2009.11.29 22:23

>MIQさんの迫力と「この曲を、あのアレンジで歌ってくれるなんて!」という驚きに圧倒されてしまったのも事実。

それそれ。MIQueenならではのセットがいつも楽しみでなりません。

ただ、録音メディアで全盛期のMIQさんを知っていたとしても、今のライブの円熟味は体験してもらわねば伝わるべくもなく、語れる言葉もないわけで。

きっかけは何でもいいから、もっとたくさんの人に触れてもらいたいものです。 >MIQueenクオリティ

投稿: もありん | 2009.11.29 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/46891639

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉にできない(MIQueen Vol.4):

« 一口目の幸せ | トップページ | 外せません »