« 谷川史子/とよ田みのる/かわぐちかいじ/浦沢直樹 | トップページ | オーディオ趣味の名残 »

2010.01.25

入江亜季/聖悠紀/山本健太郎/渡辺多恵子

「乱と灰色の世界」 第1巻 入江亜季 エンターブレイン ビームコミックス

絵の魅力! デビュー単行本ではもっと繊細な絵柄だったと記憶していますが、書き込みのすごさや線の流麗さだけでないマンガ表現の勢いがすばらしいです。ストーリーはまだまだこれから…でもそれくらいで良いと思うのです。ヒロインは美しく、生き生きとしていればそれでよし。ママさんきれい。


「超人ロック ニルヴァーナ」 第1巻 聖悠紀 少年画報社YKコミックス

長期にわたる連作ロックの最近の傾向として、各シリーズの主人公にたまたま居合わせた(なんというか汎銀河史的に必然的に)ロックが絡むパターンが続いていたと思うのですが、久々にロックの超能力そのものがテーマに大きくかかわる話。ラフノールの鏡とか電子使いとかの出目に思いを馳せつつ。同人誌初出が1967年という、物語上も現実の時間経過的にも超長寿なこのキャラクター、波はあってもまだまだ現役です。


「ファイトじじいクラブ」 山本健太郎 エンターブレイン ビームコミックス

アサヒ・コムのコミックレビューを読んでは時々エイヤッと買ってしまうのですがヒット率は5割程度。(これは当たりな方) 表題作、まさに戦うジジイ二人のイメージが、”ありがち”と捉えかねられないストーリ展開に見事なバックボーンを与えていると感じます。男子たるもの、我が子には強いとこ見せなければ、ね。


「風光る」 第27巻 渡辺多恵子 小学館フラワーコミックス

連載開始から11年目とこれも長い。まだ伊東甲子太郎死んでません+中岡慎太郎がチョイ出ました。史実を曲げず物語を作り、あまつさえ新撰組をネタにコメディに仕立て上げるのは事の他大変だろうと思います。上手いです。


やっぱり少女マンガ分が少ないなあ。小玉ユキ、岩本ナオ、末次由紀の新刊(というほど新しくもない)については後日気が向けば書きたいと思います。

|

« 谷川史子/とよ田みのる/かわぐちかいじ/浦沢直樹 | トップページ | オーディオ趣味の名残 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/47390331

この記事へのトラックバック一覧です: 入江亜季/聖悠紀/山本健太郎/渡辺多恵子:

« 谷川史子/とよ田みのる/かわぐちかいじ/浦沢直樹 | トップページ | オーディオ趣味の名残 »