« 入江亜季/聖悠紀/山本健太郎/渡辺多恵子 | トップページ | 疾走感と翔ぶ記憶 »

2010.02.07

オーディオ趣味の名残

最近ウッドベースをフィーチャーしたボーカルアルバムを聴く機会があって、昨今の慣習に則り先ずはメモリーオーディオにCDをコピーして内容確認をば…などと安易なことをしてみたら全く良さがわからない体たらく。まぁ”これから仕事か~”みたいな少々ウツの入った朝の通勤ラッシュとか、疲労困憊した帰路で聴いて楽しいわけもなく、ましてやインナーイヤータイプのヘッドホンで空気を揺るがす低音が期待できるものでもなく。ここは一丁腰を入れて聴くべしと、10cmフルレンジ単発ながら程よく広帯域な古参スピーカーで改めて鑑賞。おぉこんな音が入っておったか、こんな可憐な声だったかと納得し、そんな流れで半年ほど前に実家から引き上げてきたテープメディアのコレクションを引っ張り出して小一時間ほど遊んでみたりした日曜の夜。腰を落ち着けて音楽を聴き込むのも久しぶりでした。

Dscf1008

SACDには未だ手を出しておらずわからないけれど、最近CDのノイズレスながら四角四面な音ばかり聴いているため、実家に置いてきたレコードからコピーをとったテープの音はなかなかマイルドでよい感じです。ドルビーNRさえかけてなければ経年変化による高音域の劣化もあまり気にならず、デスクトップの小音量で聴く限りはトラッキングノイズやヒスノイズも気になるものではなく。これ録音した当時は如何に音の歪まぬ最高のレベルで録音するかメーターとにらめっこでピークボリュームを追っかけたり、3ヘッドデッキの同時モニタリング機能でバイアスアジャストいじりながらどれだけ(レコード)音源に近いバランスで高域を録音再生できるかなんてことを毎日繰り返し、デッキと相性の良いテープを求めてポン橋を彷徨い歩く甘酸っぱい日々でありました。

先日行ったボーカルレッスンお試し3000円コースでのこと、私より若干若めのセンセイが、同世代同類のニオイを嗅ぎ取ったのか”昔の録音をデジタルメディアにコンバートするなら今しかない、と思いつつ膨大なもので手がつけられないんですよね”なんてことをのたまっていました。カビさえ生えなければテープは何とかなるだろうと思うけれど、頑強に見える昔のオーディオ機器も30年経てばゴムやらモーターやらが経年変化して動かなくなる日も近いわけで、デッキが生きているうちに貴重な生録音やエアチェックだけでも何とかしたい。でも腰重いです実際。

AVのビジュアルを抜いた、純粋なオーディオ趣味の人口って今どれくらいなんでしょうね。自作スピーカーユニット最後の砦であるフォステクスさんにはこれからも頑張って欲しいものです。(あまり貢献できそうにないですが)

|

« 入江亜季/聖悠紀/山本健太郎/渡辺多恵子 | トップページ | 疾走感と翔ぶ記憶 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

>デッキと相性の良いテープを求めてポン橋を彷徨い歩く

あははは、あるある!
オイラは太陽誘電派でした。

デジタルって、ある程度までは良い音になるんですが、
よくも悪くも粒がそろてしまうのに対して、
アナログの差ってのは、
ゴモゴモの音から神レベルまですごい振れ幅っすね。

昔学生の頃、松本市に、
そうゆう職人技を持ってるおじさんのお店が
あったんですが、スピーカーが変わるだけで、
同じCDでも、新しい音が聞こえて来て驚きました。

オイラの持ってるカセットもターンテーブルも
ベルトドライブなので、かなり絶望的(^^;

投稿: tom_naka | 2010.02.11 14:00

That's太陽誘電、懐かしいですねー… とか言いつつググったら今でもディスクメディア出してましたね(^^

当時はプログレ、ハードロックをよく聴いていたので、ダイナミックレンジ優先でやや上等めのノーマルポジションテープをよく使ってました。マクセルのXL1-Sとか贅沢品でした。メタルテープは高過ぎて手が出せずあまり買ってませんが、TDKのMA-Rというゴツいのだけは、とても見栄えのするデザインで今でも取ってあります。
http://homepage2.nifty.com/camuse/tdk/tdk_mar_011.html
海外メーカーならBASFとか、リールを押さえる爪内蔵で巻きムラを押さえる工夫をしたり個性的でしたね。音は今ひとつだった印象ですが。
http://titanus.at.infoseek.co.jp/tape/tape2.html
 
とまあマニアックな話は短めにして(笑)
 
>よくも悪くも粒がそろてしまう

とりあえずノイズの問題からはほぼ開放されましたが、ソフトに由来するところの音色にバリエーションが少なくなった印象です。

近所にオーディオの達人が… うらやましい~。ブチルゴムとか鉛のインゴットとか使いまくってたんでしょうか。昔のポン橋では、サウンド寺下の人が親切に色々教えてくれました。河口無線は一寸敷居が高かったです。

ベルトがダメならタコ糸ドライブに改造を!<無理無理
↓こういうありがたい方もいらっしゃるようです。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/peccopohn

投稿: もありん | 2010.02.12 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/47506380

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ趣味の名残:

« 入江亜季/聖悠紀/山本健太郎/渡辺多恵子 | トップページ | 疾走感と翔ぶ記憶 »