« 山は白銀、ときどき地肌(前編) | トップページ | ↑↑ »

2010.03.01

山は白銀、ときどき地肌(後編)

※週末のご報告を兼ねた、多分に日記的内容です。

さて二日目の日曜は行き先をを函館山スキー場に移すことになりました。2月とは思えぬ温暖な気候と雨に祟られ、もともと積雪量が少なめだったびわ湖バレイでは心もとなかったんですよね。嫁の体調もほぼ回復し、6時半に起床していざ出陣!と思ったら、またもや雨がシトシト…なんかもう「なんでやねん」とやりきれない気持ちになりましたが、天気のことは言っても仕方がないのでとにかく出発することに。幸い8時半のチェックアウト時には小ぶりになり、ゲレンデ情報も「雪は少ないけど(そりゃそうだ)滑走可」とのこと。今年は流石に去年のような長蛇の列はなく、ゴンドラもレンタルもスムーズに進んで10時前にはゲレンデへ。

コースはハゲハゲ(^^; それでもリフトを3本稼動させる程度には雪が残っており、ほとんど初心者な子供らにバラエティ溢れるコースなど要らないので実質問題はなし。スキーを履いての準備体操と平地での歩き方を教え、あとはとにかく自分の足で登れる距離で斜面を滑らせてみました。上の娘は登坂はまずまず、けれど直滑降はこわくてムリってことでボーゲンから。下の息子は足短くて(^^; スキーを履いたままでは上手く歩けず、それでも直滑降ならけっこうな距離とスピードを稼いでました。これはいけるか?と思い初心者コースをリフトで連れて上がったら、案の定リフトを止めてくれやがりました(笑)リフトの待ち列が進むスピードにさえ追いつけずベソかくし、ホンマしゃあないやっちゃなー

そこそこスキー板に慣れてきたようだったので、午後は二人共スクールに入れて習わせることに。ここで殆ど期待していなかった1時間半の自由時間ができまして(^^  嫁と一緒にリフト半日券を入手、元をとるべく(笑)リフト乗り場にダッシュしました。去年は我々自身のスキーに割ける時間など微塵もなかったので、夫婦でスキーというのは実に9年ぶり。スキーはレンタル、雪はベタベタ、それでも自由に滑る時間が取れたのは本当に良かった。

しかし9年も経つと色々忘れてますね。スキーがストレートからカービングに変わったのもあるんでしょうが、内外エッジのどの辺りに加重を懸ければ曲がるのかさっぱりわからず、格好の悪い横滑りスキーになった上にストックワークがむちゃくちゃ。時間をかけて矯正したはずの、右のストックを引きずる悪い癖が再発してました。一週間ほど山にこもって矯正したい衝動に駆られましたが、まぁ無理かな… 私ら夫婦の着るウェアは世間がまだバブリーだった時代に買った派手なもので(青系マーブル&ショッキングピンク)、最近の地味めな色合いのボーダーファッションの中だと浮いてしまう…もとい、人込みに紛れても迷子にならずに済んで良かったと思っています(苦しい)。

そんなこんなでスクール後に子供を連れてリフトを二回上がり(短時間で更に形になっていました。さすがプロの教育!)半日券の元を何とか取って滑走終了。14時には上がって帰路に着くという当初の予定を大幅にオーバーしましたが、結果的にゲレンデ上では雨に祟られることもなく、予定を完遂できたのはとてもラッキーでした。

実のところ、自分が子供の頃のスキーの記憶は”寒かった、つらかった”ということばかり思い出されてあまり楽しくなかったんです。それでもずっとスキーを続けているのは、雪山に立つことの根源的な爽快感があったからではないかと考え、子供にも良い体験をと思ったわけです。結果的に春スキーみたいで寒い思いをさせずにすんだのも結果オーライ。また来年、何とか時間を作って雪の上に家族で立ちたいものです。


P.S.嫁の吐き気は”つわり”ではありませんでしたのでご心配なく(笑)

|

« 山は白銀、ときどき地肌(前編) | トップページ | ↑↑ »

私事」カテゴリの記事

コメント

スキーのファッションですが、
少し古めのウェアで、しかも槍を履いて、
颯爽と滑る方もいらっしゃって、これが実にかっこ良いっす。
ついつい見とれてしまいました。

オイラは、ファンスキーになって、
やっと曲がれる様になった始末で、
カーヴィングスキー万歳(^^)

とにもかくにも、ご家族で満喫されたご様子、
ブログを拝見してて、こちらまでほっこりしました(^^)

投稿: tom_naka | 2010.03.14 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/47700509

この記事へのトラックバック一覧です: 山は白銀、ときどき地肌(後編):

« 山は白銀、ときどき地肌(前編) | トップページ | ↑↑ »