« 田植え in 山野酒造・富楼那実りの会 | トップページ | 小川彌生/森恒二/平野耕太/とだ勝之 »

2010.07.03

四年に一度の贅沢を

といってもワールドカップは全く関係なし(観てましたけどね)。

生まれも育ちも大阪なので、まずは安さ自慢から(笑) うちは夏に割と遠出を企画する方なんですが、行き先とかスケジュールはたいがい嫁さんに任せっきりです。今年はかねてからの嫁の野望であった沖縄行を実行することとなり、先週日曜からかなり早めの夏休み。時期が早いことには理由があって、沖縄の梅雨明け直ぐ・台風の季節前を狙って確実に晴天をゲットすることと、シーズンを外すことで費用がかなり安くつくことから6月下旬を設定したとの事。実際、日本全国梅雨真っ盛りのこの時期に、現地滞在した4日間は全く雨に当たりませんでした。宿泊先も普段なら考えもつかないプライベートビーチ付きのこんなとここんなとこに泊まりながら、家族四人が3泊4日+航空券・レンタカー(ホンダのフリード)付きで20万円を切る価格。これがいわゆる夏休みシーズンだったら30万を優に超えます。20万だって決して楽ではない負担ですが、ここ3年程は旅行の予算を安く抑えてきたし、コストパフォーマンス至上主義の私としては納得のゆく出費です。

実は四年前、石垣島には行っているんです。子どもの頃、海水浴の行き先といえば日本海のほとんど真っ黒な海や向こう岸の見えそうな瀬戸内海しか行ったことのなかった私は、遠浅の海特有のエメラルドに近いブルーの海が水平線まで広がる風景に圧倒されたものでした。今回の沖縄行でもそのへん大いに期待していたのですが、泊まったホテルの裏のビーチから、

Beach_3
こんな景色が見れただけでもう目標達成したも同然でした。

しかもこの砂浜、
Sango_2
波打ち際にはゴミとか海藻の代わりにサンゴのカケラが打ち寄せています。見慣れた須磨の海岸とはえらい違いです。プライベートビーチなだけにホテルの宿泊客しか泳いでおらず、波も穏やかで子ども達も遊びやすく、大変快適に過ごすことができました。

Children_3


ビーチの質は極上でしたが、本来もっとブルジョアな人達相手に商売しているホテルだけあって、別会計の飯代が高いこと高いこと(--; スケジュールの関係で時間的な余裕もなく、沖縄くんだりまで来てオムライスとかコンビニで買った菓子パンとか食べていると少々情けなくなりましたが、そこは昼間食べた”山原そば”の味を思い出しながら乗り切りましたよ。14時前に店に到着したら、私達の次のグループが並んだ時点で売り切れ看板が。これもラッキーでした。
Urikire_3


あとは機会を見てお約束の各種チャンプルーや沖縄限定ゴーヤーバーガーとかも食べてますが、総じて食事の出費は控えめな方向だったのは少々バランスが悪かったかも。

もうここまでで私は十分堪能してしまったのですが、嫁さま的にはまだまだ。最北端の辺戸岬行きーの、
Hedo


美ら海水族館行きーの、
Tyura_umi_2

カヤックに乗りーの、
Kayak_2


シュノーケリングも行きーのと盛り沢山。
Under_sea_3


手に持ったウインナーに、魚達がこれでもかと群がってきます。

めっさ楽しいんですが4日間こんな調子で私はヘロヘロに。特にシュノーケリングは借りたウエットスーツがえらいキツくて息が吸えず、30分のツアーが終わる頃には酸欠で足腰が立たない状態に(汗) それでもこの機会をムダにしまいと必死でシャッター押してました。青の洞窟、きれいやったなあ。

Ao_2_2

Ao_1_2


ともあれ職場からの緊急電話が鳴らない4日間、十分にリフレッシュさせていただきました。長い夏がこれから始まるということは、あまり考えない方向で(苦笑)

Sunset_2

帰りの機上より。また行くぞー

|

« 田植え in 山野酒造・富楼那実りの会 | トップページ | 小川彌生/森恒二/平野耕太/とだ勝之 »

私事」カテゴリの記事

コメント

なんとゴーヂャスな!!
で、マヂでそのお値段なんすか?<大阪的な食いつき(^^)

それにしても、
その素晴らしい景色を伝える写真の技、半端ネェッす。
以前オイラも沖縄に行ったとき、
写真は撮りましたが、
あの色も広さもなんにも伝わりませんでした。
まして魚の絵等・・・
それに比べて、もありんさんの写真、絶品すね。
って事は、実物の感動と来たら想像して、
なおあまりある深さだったんでしょうねぇ。

とにかく、バリバリにリフレッシュっすね(^^)b

投稿: tom_naka | 2010.07.04 10:09

>バリバリにリフレッシュ

語感的に合っているのかどうか微妙な表現ですが(笑)まさにリフレッシュ週間でした。さていったい何日もつか乞うご期待ってことで。

お褒めいただいた写真は、まあアレです、素材の良さが全てかと。特に水族館の写真、何気なく取った一枚がまるで絵葉書の写真みたいになって、自分でもちょっとビビりました。

デジカメは無駄玉いくらでも打てるので気楽なものですよね(^^

投稿: もありん | 2010.07.04 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/48785137

この記事へのトラックバック一覧です: 四年に一度の贅沢を:

» 夏休みの国内格安航空券、格安ツアー [国内格安航空券【T]
夏休みの国内格安航空券、格安ツアー 航空会社の割引のない7月連休・夏休みも格安で購入できます。ANAのチケットレス航空券なら前日、当日のご予約、空港での受取りもできます。 [続きを読む]

受信: 2010.07.12 19:39

« 田植え in 山野酒造・富楼那実りの会 | トップページ | 小川彌生/森恒二/平野耕太/とだ勝之 »