« 2010年秋の紅葉・箕面~万博公園 | トップページ | 悪くない、ていうか良い/FinePix F300EXR (2/2) »

2010.12.30

悪くない、ていうか良い/FinePix F300EXR (1/2)

前にも言ったように衝動買いは文化です。カメラのキタムラ・旧機種下取り3000円を利用して実質2万ちょっと。ボーナスも自由に使えない自分にクリスマスプレゼントといったところでしょうか。(一体誰に言い訳をしているのか)

Body

Console

まずデザインが凝ってます。曲面を多用してグリップしやすさに配慮しつつ(基本小さいので手狭ですが)、所有欲を満たしてくれる精悍な仕上がりです。思わず撫でさすりたくなりますね。といってキヤノンのアレのように全体に丸過ぎて自立できないようなことはなく(笑) とにかく、持っているだけで嬉しいのは趣味のブツの基本です。

三脚穴がボディ底面の端ではなく真ん中にあるのも、三脚使用時に安定していそうで何となく好印象です。また前機種のF80だとストロボがレリーズボタン下だったので、グリップした右手の指で覆ってしまいがちだったのですが、左上に移動してこれも良い感じ。コマンドボタン周りに配されたジョグダイヤルは軽くて操作性良好、操作前に必ずワンクリック必要な仕様なので、やはりキヤノンのアレみたいに勝手に設定が変わってしまうことはありません。 
※別にキヤノン嫌いじゃないんですが。最大手なのにブサイクな、もっと頑張れという想いを込めて。S95では改善されているとのことですし。

いわゆるコンデジのボディサイズで10倍前後、ブリッジカメラ然としたスタイルで15~30倍ズームというのが最近のトレンドですが、ズームレンズの後玉を動かす工夫をして薄く仕上げたこのコンデジは24mm相当の広角から始まる15倍ズームと欲張ってきました。しかし最大の売りはズーム比ではなく、お家芸の独自CCDで”迷わない”オートフォーカスを目ざしたこと。確かにAFが速い速い。

コンデジの基本が手軽で、ピントが良く合い、失敗なく撮れることだとするならば、AFが速く正確なのはとても大事なことで、ここに注目してスペックアップしてきたフジフィルムは流石だと思います。他者に真似のできない特殊な技術で、これはCCDを自社開発している強みですね。

ズームもコンデジでこれだけあれば言うことありません。おかげでこんな写真が手持ちで楽に撮れてしまいます。

Sunset

Abc2


Moon

いずれもノートリミング。月の写真はマイナスの露出補正をめいっぱいしてますが、それにしても夜ですよ?手持ちですよ?すごい時代になったものです。

逆に、多分これ以上ズームが効いても、コンデジスタイルだと手ブレがひどくなって使いこなしが難しくなる印象です。特に夜間にズームで撮影するのは、強力な手ブレ補正が搭載されていてもやはりきつい。そういう意味では若干オーバースペック気味? 必ず両手でホールドする、ミニ三脚を併用するなど気に留めて使いたいところです。 
<続く>

|

« 2010年秋の紅葉・箕面~万博公園 | トップページ | 悪くない、ていうか良い/FinePix F300EXR (2/2) »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/50439516

この記事へのトラックバック一覧です: 悪くない、ていうか良い/FinePix F300EXR (1/2):

« 2010年秋の紅葉・箕面~万博公園 | トップページ | 悪くない、ていうか良い/FinePix F300EXR (2/2) »