« 2011年1月1日 | トップページ | 2011年3月6日 »

2011年1月16日

2011.01.16

冬日

うう寒い。こんな冬日に外に出るつもりはなかったけれど、裾上げに出した裏地付きパンツは明日からの通勤に必須なので(ジジ臭くてすみません)、回収がてら自転車で外へ。出てしまえば勢いがつくもので、ここしばらく走っていない近所の10kmコースを逆向きにたどってみることにしました。

件の右膝(正確には右下腿裏)の痛みはストレッチで何とかなると判明したものの、心肺機能と気持ちがまだ追いつかず、現在の走行距離は5、6km程度。せめて春までには10kmくらい平気で走れるようになりたいものです。

2

景色に色彩の少ない季節ですが、少し思い立って古いデジカメを持ち出しました。8年も前のコンデジながらRAWファイル保存ができるこの機種ですが、その機能を使ったことがなかったんです。最近ようやくAdobe RGB対応のモニタを(もちろん中古で)導入し、RAW現像をぼちぼち始めたので使ってみたかったわけ。

Jinjya1

先の写真もそうですが、基本ラチチュードの狭いデジカメは、フィルムカメラに較べると逆光が苦手です。最近は画像処理で擬似的にラチチュードを拡げようという機能が普通に搭載されていますが、好みの光加減に仕上げるにはRAW現像が一番。慣れないうちは一寸面倒くさいんですけどね。上の写真は中央奥の夕焼け前の雲の色を重点的に、手前の景色が潰れぬよう現像してみました。

Jinjyaj
Jinjya2

上がjpeg撮って出し。カメラ任せのこちらの方が見栄えのする色合いですが、雲の描写が不自然っちゃあ不自然です。下がRAW現像、空はいいんですが建物の屋根色が消えてしまいました。もうちょいうまいことパラメータをいじれば更に良い現像ができましょうが、まだまだやねえ。


道すがら、前から気になっていた古本屋2件にも寄ってみました。一件目はフツーに小ぎれいな新しめの店で、ゲームソフトなんかも併売する若い兄ちゃんの店。いい塩梅に狭く、本も選びやすく落ち着けます。おすすめ本のコーナーで、半年ほど前の新聞に、とある書店のPOPから口コミで徐々に売り上げを伸ばしてきたと紹介されていた「ルームメイト」なる文庫本を150円でゲットしました。あまり読まないミステリ分野ですが、後でネット漁ってみると評判いまひとつやなあ(汗) まあ、ちょっと前に映画にもなった「半落ち」なども話題になった割にはオチが拍子抜けだった記憶があるので、期待し過ぎず読んでみますか。

もう一件は古本屋というより古書店タイプで、店頭のワゴンセールで昭和初期の教科書がタタキ売りされているようなぶっ飛んだ店でした(笑) 入ってみると、まさに古本の坩堝(るつぼ)。棚の中で本が地層を作っている感じで、選ぶと言うより掘り起こす感覚で背表紙を確認するような、そんな感じ私は大好きです。そんな中、何やらエロ本コーナーらしきところに昭和27年発行の隠語辞典なるものが置いてあり、内容もそれなりにヤバい感じでちょっと欲しかったんですが(おーい)、他の客の目もあって今回はパス。店の写真撮りたかったなあ。

6

古本屋の近所に蔵のような造りの古家発見。同じ筋に骨董屋があったり、どうやらこの界隈は古い町並みが残っているようです。改めて徒歩で来たいところ。

Milky

おまけ。家に帰るとミルキーロールが待っていました。甘味々々。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月1日 | トップページ | 2011年3月6日 »