« 冬日 | トップページ | 2011.3.11 »

2011.03.06

大人のおもちゃに大ハマり

もちろん成人向け玩具のことではありません。10年近く使っていたシャープの電子手帳・ザウルスが色んな意味で限界だったので、ここしばらく代わりを探していたんですが、いつの間にかiPod Touchを手に入れていました。といっても最新ではなく一つ前の中古。カメラついてないけど電子手帳の代わりなんでマァいっか、と手頃な価格のものをネットオークションでポチったのが先週半ば。

ザウルスで重宝していた手書きメモが使え、カレンダーにスケジュールが書き込めたらそれで十分…と思っていたら、無料の定番クラウドソフト"EVERNOTE"とスケジュール帳"CCal"があまりに便利で、手に入れて一週間程度だというのに予定表にメモに使い倒してます。あと有料ですが手描きメモ"FastFinga"。これだけでもう欲しかったスペックを十分確保できているんですが、勢い余って無料ソフトをしこたまインストールして毎日ヌルヌルと触り倒している状況。もともと流行っているものはとりあえず避ける(笑)方なのですが、電車の中などで小さな画面をヌルヌル触っている人達を横目で見ては鼻で笑っていた先週までの私がウソのようです。

実は一年ほど前、似たようなことを期待してWillcom 03という端末を手に入れたんですが、レスポンス悪いわ操作は煩雑だわでロクに使えず死蔵させていたんです。03もWiFiの使用を原則として導入したのですが、用途の全く違う携帯端末にパソコンと同じウィンドウズを無理やり載せたようなインターフェースが本当に使いにくい状況でした。私のメインキャリアはauなんですが、Android携帯はまだ高いしウイルスが若干心配だったりして手を出せず、次に使うなら同系統スマートフォンの始祖であるiPhoneかiPod Touchを、と思ってました。

有料ソフトにしても価格設定が2~300円程度のものが多く、値頃感がある上にクリックひとつで直ぐにインストールまでできてしまう魔力。これ、ひょっとすると月末の請求がヤバいことになるんじゃないかと少々引き締めにかかっております(汗) とりあえず無料で著作権フリーな電子書籍群・青空文庫が読めるソフトを入れ、にわかに読書を始めてみたりもしています。バーチャルなページをめくる感覚が結構快適。1ページあたりの文字数が少ないのでサクサク読めます。

ただ、色々ソフトを試していて痛感したのは、やはりネットで常時接続されていることを前提としたソフトの多いこと。例えばオフラインでフルに利用できる乗換え案内ソフトは検索してもパッと引っかかってきません。繋がりっぱなしの日常にどっぷり浸かるのは非常時に危険だと感じていて敢えて避けているんですが…でもiPhoneだと携帯のGPSとカメラを使った”星座表”というのが面白くて、夜空にカメラをかざすと端末に映る星空に星座の絵が加わって表示されるんですよ。まさに端末の機能を存分に使っていて、こんなことができるならソフトバンクにだって魂を売るぞ!、と一瞬思ってしまったり。

冗談抜きで、先に書いたクラウドの利便性は本当に捨て難い。小さな端末でメモしたものがパソコンで全く同じように閲覧できる上、落ち着いて整理したものが直ぐに端末上に反映されるのは衝撃的ですらあります。ていうか既にモバイルWiFiサービスの検討を始めています。いやまだ高いから… でもうまく遣り繰りしたら何とか… いやいや… 

R0023060_2


いろいろ悩みつつ、裏面のテカテカメッキにヘアライン加工を入れてみたり。自分で言うのも何ですが見事にハマってます。こんな私の明日はどっちだ。

|

« 冬日 | トップページ | 2011.3.11 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

私事」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

>こんなことができるならソフトバンクにだって魂を売るぞ!
あははは、強烈っすね。
でも、星座表は確かに同感っす。
オイラもその手の記事を見た時、
正直ぐらつきました。(^^)

操作感も、
正直androidよりもiPhone/touchの方が良い、
との話(^^;
すべてにおいて、あの造り込みのウマさ、
日本メーカーは学ぶべきですねぇ。

投稿: tom_naka | 2011.03.07 05:36

>操作感も、正直androidよりもiPhone/touchの方が良い

やはり…なんとなくそんな気はしていたんですよ。オリジナルは強いなあ。

>すべてにおいて、あの造り込みのウマさ、
>日本メーカーは学ぶべきですねぇ。

私が大学でMacを使っていたのは、スティーブ・ジョブスが一時期アップルを去っていた頃。OSはよく落ちるし値段が高いばかりで正直どうか、と思っていたんですが、iMac以降のラインナップに垣間見るコンセプトの揺るぎなさ+当意即妙な変遷は、今さらですが天才的ですよね。

面白いジョーク記事があって読んでもらいたいんですが、
http://www.gizmodo.jp/2010/03/iphone_250.html

強烈です。元記事でリンクしたWillcom 03のページが正にこんな感じ。03、実際モノの作りは良かったんですが、どういう使われ方をするかを考慮するより、当時のユーザーが求めていたスペックをどう盛り込むかに腐心した結果だったのだろうと愚考します。ほんま、モノとしては好きだったんですよ…

一応、補足記事も。
http://satoshi.blogs.com/life/2010/03/okaeri.html

実のところ、最新のiPod Touchの内蔵カメラはスペックが低くて、カメラ好きとしては「えー」と思っていたんです。でも実際に旧型を使ってみて、カメラとして使うことよりもイメージセンサーとして必要十分なのだ、私もアレでいいから欲しいと思いましたよ。何が大切か分かって作っているんだと理解してます。

まあそれはそれとして、物欲の対象としてAndroid端末は気になるところ。Touchと同じく音楽プレイヤーとして作られたものがそろそろ出てきています。もう少し操作感と価格がこなれてきたら、選択肢として考慮したいですねー。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110121_421851.html

もっとも、Touchと同じようにソフトを自由にインストールして使用できるのか、はたまた音楽プレイヤーとしての機能に特化したものなのか上記記事からはわかりません。まだまだこれからですかね。

投稿: もありん | 2011.03.07 15:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/51052597

この記事へのトラックバック一覧です: 大人のおもちゃに大ハマり:

« 冬日 | トップページ | 2011.3.11 »