« 2011年8月7日 | トップページ | 2011年10月23日 »

2011年9月19日

2011.09.19

カメラの虫干し

最近は銀塩カメラで写真を撮ることもめっきり減って、それでも機械モンは使ってメンテするという一面があリ、休みの暇をみては嘗ての愛機を片手に一人でブラブラしてみます。カメラの虫干しを兼ねて、小一時間の散歩で24枚撮り一本を撮り切るペース。撮り切れなくても気にしません。

Img_0001

Img_0002_2

Img_0003

休日出勤の折に職場の近所で撮影。使用したのはコンパクトカメラ業界である意味、一世を風靡したLeica Miniluxです。結婚前の最後の贅沢と称して、中古を5万円くらいで手に入れました。今見てもシャープで色乗りがよく、優れた描写です。ライカといえばMシリーズというのが一般的な認識でしょうが、ゼロがひとつふたつ多い価格帯。そんなものに手を出したら我が家の家計はエラいことになるので老後の楽しみに取っておく予定です…予定は未定だったりもします。

私は昔からラチチュードの広いネガフィルムのお世話になっています。取った写真を人に配る機会が多かったのも理由のひとつ。一時期ポジを使ってはみたのですが、スライドプロジェクターで観る写真にどうも馴染めず、そのまんまデジカメの時代に突入してしまいました。デジカメ写真は須らくパソコン他のモニタ上で鑑賞すると思うのですが、これはネガフィルム写真をプリントで愛でるより、ポジフィルムをスライドで楽しむ感じに近いかも知れません。透過光の元で見るカラー作品は色鮮やかで心奪われます。しかも、ポジ写真のビュワーを覗き込んだりスライドプロジェクターを用意したりという(人によっては)煩雑な作業も必要ありません。多分多くのポジフィルム愛好家はデジタルに完全移行したのではないかと思うのですが、現状どうなんでしょう。

私は今後もネガもしくは白黒フィルムを使ってゆくと思うのですが、フジフィルムがAPSから撤退を表明し、将来の見通しはよくありません。それでも、ファインダーを覗き込んで写真を撮る作業は、液晶モニタを見ながら不安定な構えでシャッターを落とすデジカメ撮影より被写体に集中できる感じがして今でも好きです。最近、飛蚊症がひどく(後部硝子体剥離を患って10年経ちます)目に若干の不安を抱えていますが、目を労わりつつもファインダー越しに”切り取る”作業は続けたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

海の幸

私はどちらかというと和食が好きで(餃子と鶏とマヨネーズは例外)、どちらかといえば洋食が好きで作るのも得意な、あまつさえ味噌汁が苦手な嫁には苦労をかけていると思っています。それでも仕事で疲れて家に帰り、出た夕餉が旨い和食だと妙に感激して携帯で写真を撮ったりする日々ですが、先日写真を整理していて面白かったので書いておきます。

Ara1

Ara2

Ara3

なんか鯛のアラが多かったです。もちろん汁物の出汁も鯛。嫁に聞くとホンマに安くて、家族4人分が500円かからないこともあるようで。以前住んでいた大阪市北端の地や大阪市内の実家の食卓でお目にかかった記憶があまりなく、地域のスーパー事情にもよるのでしょうか。鯛のお頭付きは高級食材の代名詞みたいな感じですが、鯛のお頭だけってのはどうなんでしょう、最近ややお高いイメージのアジやイワシと同格くらい?じっさい旨かったので写真が残っているんですが不思議な感じです。

不思議といえば、こんな食卓で育ったうちの子供達に晩飯のリクエストを募ると、鶏軟骨から揚げや枝豆などの候補に混じって(それもどうかと思う)鯛のアラがいい、という返事が返ってきます。なぜかハンバーグとかステーキとかより優先順位がかなり上のようです。でもマクドのポテトや粉モンも好物なので、別に舌が肥えているとも思えないんですが…洋食好きの嫁としては複雑なんだろうと、とりあえず心中察しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝走る

”朝走る女は妖怪だ”などというセリフを妖怪人間ベムあたりで聞いたような…それはさておき、6月に走った大会で「自分らも走る!」と思い立った子供らが、次に参加予定の和歌浦に出場することに。レースと言っても上の娘が3km、下の息子と嫁が手をつないで2kmのジョギングとお手軽。そんなわけで、ここしばらく家族4人で週末に約3kmのご近所コースを走っております。

Run


以前冬場に走らせた時一寸ヤバかったこともあり、最初は慎重に…流石にふだん運動場とかで走り回るのとは勝手が違いペースも落ち着かず、2km過ぎたあたりで娘も息子も息が上がっていたのですが、2回3回と走るうちに二人ともサマになって参りました。早くも自分の走行ペースを掴んだようで、子供ってすごいと思った次第。夕方はまだ暑いので、週末の朝に早起きして走るわけですが(つらい)、嫁が一番積極的だったりします。私や子供らがベッドから出る頃には着替えも万端、メイクもばっちりです。ウイークデーの朝の鈍さがウソみたいです(笑) 最初は近所の目が云々とか言っていた気もしますが、少しはウエストが絞れてきたのでしょうか。いちおう中学と大学は体育会系だったようなので面目躍如といったところ。

家族が走り終わった後に私は別メニューでプラス7km、自分のレースディスタンスをこなします。足慣らしが終わっているためか、一人で10km走るより膝への負担が軽く、調子が良い感じです。調子が良いので欲を出し、久しぶりにタイムを気にしつつ走ってみました。ヘタレな私はゴールが見えないと飛ばせないので、家族と走る共通コースだけですが… Run&Walk曰く、3.3kmを18分13秒とな。これを3倍にすれば10kmを55分…あれ、そんなもんか(--; 全然でしたね。二十歳前後に10kmのレースで49分だったので一寸くやしい、ていうか若気の至り。やっぱり体力有り余ってたんでしょうね。でも同じレースで当時五十代だった私の親父は私より早かったはずなので、色々がんばってみたいもの。やはり通勤run?片道20kmなんですが(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月7日 | トップページ | 2011年10月23日 »