« 2011年11月27日 | トップページ | 2011年12月25日 »

2011年12月18日

2011.12.18

船戸明里/諌山創 他

Under The Rose 第7巻 船戸明里 幻冬舎コミックス

近年コミックスに関しても”積ん読”がひどく、ましてや重い展開が容易に想像されるコレにはなかなか手が出ないままに3ヶ月放置。でも、読み出したら止まりません。色々手詰まりとなったウィリアムに逆襲のブレナン、ロウランド伯爵の我が儘に過ぎる行動と最終頁の意外な展開、もうお腹いっぱいで時間は2年後くらいが丁度いい感じです(笑)まあそれは冗談として。

改めて遡り第1~2巻・冬の物語篇を再読したんですが、8年も前から船戸先生は全くブレずにこの愛憎入り乱れながらも美しい世界を紡ぎ続けているのだなあと実感。絵はこの上なく美麗、それでもイラストチックにならずマンガとしてのダイナミズムを失わず時にコミカルに時に精細に動き、いっぽう物語は人物描写が精緻を極め、それゆえに解り辛く決してとっつき易い作風ではありません。単行本が売れているとも思えませんが、こうした作品を掲載し続ける雑誌もすごいし負けずに描き続ける作者もすごい。

こうした作品こそ、もっと世に知られ読まれるべきだと思うのですが、世のマンガ評論を生業とする方々はどうお考えなのでしょう?もっと陽の目を見て欲しい作品です。


進撃の巨人 第6巻 諌山創 講談社コミックス マガジン

数巻モタついた感があったものの物語が再び動き出して、作者も余裕が出てきたか小ネタのギャグがそこかしこ。ハンジ分隊長のぶっ飛んだ言動が楽しいです(こわいけど)。映画化については何とも言えませんが、次巻が楽しみなのは確か。

他、久々に伊藤伸平先生の新刊「まりかセヴン」を読みましたが、これも大変滋味でした。みんな特撮好きなんやなあ。ガンスリ14巻は読んだものの自分の内で消化し切れず。数巻遡って再読しなければ勿体無い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月27日 | トップページ | 2011年12月25日 »