« 読み返す作家、再び 穂積/末次由紀/大谷紀子 | トップページ | 頭を雲の上に出し(一日目) »

2014.12.30

いわゆるひとつの現金特価@日本橋

約1年前に導入したハイレゾ再生環境、いまひとつ納得のゆく音が出ません。ソースに問題があるわけもなく、プレーヤーアンプを変えても傾向は同じ。ここはひとつ、今年一年頑張った自分にご褒美と称して、音の出口たるスピーカーを新調しようと思い立ちました。デスクトップに設置するので、ユニットの大きさは12-3cmクラスまでで検索検索~。

手ごろな価格帯で評判の良い上記二機種、ネットで簡単に買えるけれど、選ぶとなれば自分の耳で確かめなければ。どうせ出向くなら手軽なヨドバシではなく、”オーディオ街”日本橋に少しでも貢献しようと、久しぶりに某老舗店へ。

表通りに残ったオーディオ専門店は、見る限りシマムセン、河口無線と共電社のみ。足繁く通っていた頃はサウンド寺下ほか小売店タイプの店がたくさん並んでいたものですが、本当に淋しくなりました。以前から気付いていたのですが、残ったオーディオ店は客の入りが極端に少なくなってます。土日の午後でも、店内はたいがい私一人に対し店員が3~4名。みな応対に付くでもなく静かに仕事をしておられる感じ。こちらから声を掛けづらいったらない・・・まぁ、オーディオ専門店は昔からこんなもんだったか。

2階・単品オーディオフロアには如何にも”試聴できます”という感じでスピーカーが林立しているのですが、並ぶ製品の価格帯が ことごとく上記2機種の倍以上。一応DALIの方だけは陳列されていたものの、「これが聴きたい」と言えないまま、ひとまず1階へ退散。するとそこには暇そうな店員さん一名と、幸いにもシステムコンポに繋がった上記2機種を発見しました。売れ筋ってことなんでしょうね。さらに1階には中古コーナーがあり、ペア3万円でオルトフォンの小型スピーカー(こちらでしょうか)が陳列されていました。併せて試聴をお願いしたところ、快く付き合ってもらえました。←店員なんだから当たり前ですが、何となく(^^; 

元より物静かな店員さんだったようで、セールスポイントを滔々と語るようなことはなく「DALIは柔らかな音、TEACはバランスが良いです」と寸評を簡潔に述べた上で粛々と試聴の準備。持ち込んだ数枚のCDをとっかえひっかえ、こちらも黙って試聴に没頭。DALIは定位が甘いけれど音色が良く(後で確認したところ、リスニングポジションを選ばないのが売りでした)、TEACは同軸2ウェイの特徴か、厳密にポジションを選べば非常に小さく明快な音像を結ぶことが分かりました。好みとしてはDALI、価格的にも こちらが安く、そのまま決めても良かったのですが、どうしても試したいことがあって店員さんにおねだり。 「…ハイレゾ音源持ってきたんですけど…」シスコンで再生はできず、それなら上で聴きましょう、と先ほど退散してきた2階の試聴コーナーへユニットを気軽に持って上がってくれました。

試聴コーナーも直ぐにハイレゾ再生できる状態ではなかったのですが、そこは流石に専門店、店先に並んだハイレゾ再生機能付きプレーヤーを ひょい、と運んでセットアップ完了。幸い自宅のプレーヤーと同等の機種で試聴の条件を揃える事ができました。ここでZENSOR1(センソールと読むらしい)と中古のオルトフォンを並べ、待望のDSD音源を再生してみました。解像度を確認すべく、さっきよりスピーカーから距離を置き、ボリュームを上げて再生。オルトフォンはカッチリした、しかし乾いた感じの音。ZENSOR1はサイズから想像されるより大きな音像を結び、人によっては大味と感じるかも知れませんが、決して解像度が低いわけではないことが分かり納得しました。元より艶やかでウェットな音の響きが私の好みに合いました。
「これ、いただきます。」

最近はネットで買い物が多く、その方が価格も安いので、(システマチックな量販店は別として)ちゃんと店先で買い物をしたのは久しぶりかも知れません。今回も値札の価格がネットの最安より5,6千円高いのを承知の上で、色々試させてもらった代金として納得していたのですが、じゃあ現金で払います、となった時に「では、代金はこちらで結構です。」と下記の如し。

Receipt_2

手書きの領収書なんて久々に見たよ・・・いやそれより、ネット最安を凌駕!そう、日本橋での買い物といえばこうだった。値札通りにはいかない=値切ったり「まけときますよ」とサービスだったり、そんな駆け引きさえ買い物の楽しみでした。むしろ色々ワガママを言った後なので、申し訳ない気になってしまいましたよ。

そして油断したのが持ち帰り。小さいとはいえスピーカー、梱包重量は10kg近くなるのを想定しておらず、自宅までの小一時間が若干つらいものでした。しかしそこも店の人は分かったもので、よくあるプラスチックの取っ手などではなく、ビニール紐で太い取っ手を編み上げてくれていたので、手は痛まないし取り回し易く、ずいぶん助かりました。

Totte

最初は敷居が高かったものの、結果的に満足のゆく試聴ができた上に財布に優しいサービス価格、わざわざ日本橋に出向いた甲斐がありました。やっぱり商売の基本は対面販売ですよねー。と分かったような口をききつつ、次にお世話になる財力があるのかどうか。店の存続も気になるところですが、ネット通販でもがんばっておられるようなので、まだ大丈夫かな?

やー、次はDACかなあ。

|

« 読み返す作家、再び 穂積/末次由紀/大谷紀子 | トップページ | 頭を雲の上に出し(一日目) »

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/60892681

この記事へのトラックバック一覧です: いわゆるひとつの現金特価@日本橋:

« 読み返す作家、再び 穂積/末次由紀/大谷紀子 | トップページ | 頭を雲の上に出し(一日目) »