« 頭を雲の上に出し(一日目) | トップページ | お鉢巡り(二日目・その2) »

2015.08.14

頂上アタック(二日目・その1)

11_ryko1

いよいよ二日目は頂上アタック。5時には登山開始。御来光いただきましたー

まずは8合目の宿となる山小屋に余分な荷を置き、多少身軽になったところで頂上アタックを開始します。


12_unkai

二日目も快晴です。きらめく雲海。


13_lookdown

14_lookup

見下ろしても見上げても険しさが分かります。


15_toiletformen

トイレ休憩で見つけた張り紙。男子トイレやから許されるよなー。


16_8gohotels

8合目より上、本8合目の山小屋群。岩場に密集していて要塞のようです。


17_thruhotels

小屋の間を縫うように登って行きます。


18_futon

快晴の空の下、干された布団が長閑な雰囲気。


19_secretstation

こんな秘密基地に住んでみたい(空気薄くて大変ですが)。


20_anpan

アンパンを売りにしている小屋でエネルギー補給。ウマー


21_9amtemp

午前9時で、もう16度。標高すでに3400mですが、防寒具は必要ない勢い。


22_tothe9go

遠方に見える白い鳥居ふたつ。手前が9合目。ゴールが見えて参りました。


23_bull

実は頂上へはブルドーザーが通っていて、物資やゴミの運搬をしてくれています。急病人などイザとなったら あてになりそう。


24_coins

9合目の鳥居に到着。願掛けのコインが全ての ひび割れに差し込まれております。


25_jinjya

打ち捨てられた神社の別棟。荒れ放題ですがバチ当たらへんのかな。


26_tothegoal

ふたつめの鳥居を抜け、いよいよ頂上へ。


27_goal

到着!


28_topsales

登山途中でも感じていましたが、外国人の多いこと。日本人の多くが完璧な登山装備と伸縮式トレッキングポールで登っているのに対し、外国人の多くは金剛棒を片手に軽装で頂上にアタックしています。日本最高峰でも、海外に行けば4000m級はザラにあるわけで、彼らにとってはハイキング気分なのかも知れません。


29_tophouse

瓦礫を積み上げて小屋を建てています。この瓦礫に似せたお菓子、売ってたなあ。食べてみたかったかも。


30_race

世の中には物好きな人がいるもので(失礼な!)「富士登山競争」なるものが毎年7月に開かれており、1合目→頂上(正確には少し下、富士山頂久須志神社まで)の高低差3000m・21kmの行程を競って登るのだそうです。男子の歴代記録は二時間半を切る勢いで、とんでもねぇ!
 … … …
実は子供が高山病を患ってしまったようで、頂上手前から息子がグロッキーに。この時点で娘も体力的に限界だったようで、その夜から明け方にかけ激しい頭痛に見舞われマジ泣きしてました。実は私と嫁も軽い頭痛は下山まで続いていたので、家族全員が高山病に見舞われていた模様です。ガイドさん曰く、半数の人が何らかの形で患っているとのこと。極くゆっくり登った我々でもこの体たらく。ひどければ脳浮腫・肺水腫で死ぬこともあるわけで、こわいですねぇ。

続く。

|

« 頭を雲の上に出し(一日目) | トップページ | お鉢巡り(二日目・その2) »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

私事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18332/62161808

この記事へのトラックバック一覧です: 頂上アタック(二日目・その1):

« 頭を雲の上に出し(一日目) | トップページ | お鉢巡り(二日目・その2) »