カテゴリー「私事」の記事

2024.02.18

ひとり立ち強制執行

4年間、だいたいアコースティック音楽サークルの活動で余暇を埋め尽くしていた娘。嫁が子供の頃から習わせていたピアノ=キーボードに加えアコギとカホンを扱えるようになり、それはそれで人生が豊かになって良かったのですが、得意の対人スキルで半年前に無事内定をゲットしてからは専ら、NPO絡みのボランティアで得た人脈を生かした町おこし活動に目覚めてしまいました。上記の音楽スキルを生かしたライブイベント、これも子供の頃から仕込んでいたコーヒードリップ(ネルではなくペーパーフィルターですが)の技を出店で披露したり、本を題名が分からないようラッピングし、表に貼り付けられた紹介文だけを頼りに選んでもらうロシアンルーレットな企画など色々考えては実践、春からは我が家から 二駅離れた場所に独居の上で好き放題やる予定だった模様。

・・・

ところが、内定先から勤務地・東京圏のオファーが3週間前に届いてしまい、家族でガックリ。“9割方は希望通り大阪勤務でしょう”との甘言に つられたとはいえ、土日休めること前提で100%大阪勤務だった同業種の別会社を蹴ったことへの後悔しきり。まあ文句言っても内定蹴るわけにもいかず仕方がないので、さっそく両親を引き連れて部屋を確保に東下りすることになりました。

伝手となったのは母親(嫁)の幼馴染。我が家を購入する際にもお世話になった、全国区の不動産チェーンの販売網を頼りました。勤務地が東京23区内に散らばり、また1割程度の確率で横浜にもなり得る状況(確定は4月の研修明け)ではピンポイントで探すこと ままならず、ざっくり小田急線か中央線沿線で探すことになったものの、初日土曜の時点で上がった候補は どこも一長一短。駅近で便利なら部屋は超狭い、しっかりした広いマンションなら閑静過ぎてコンビニもない不便な立地等々。うんうん悩みながら一日目終了。ちなみに娘は昨日いっぱい、取り潰し予定のビルの一角を使ったイベントでコーヒースタンド+αを担当していて二徹の状況で東京入りしており、心身ともにボロボロの状態でしたが、一日耐えきった上に夜ぐっすり寝たら二日目は見事に復活。若いな。

そして二日目日曜の朝、幸いなことに飛び込んできた新物件が なかなかの好条件。古めの物件でオートロック有り宅配ボックス無しながら、繁華な商店街を抜けたところにあるマンション最上階、しかも南東角の使い易い真四角10畳部屋。本来冷蔵庫を配置すべき場所に給湯器と少々謎な間取りながら、これで東京圏8万強なら十分許容範囲。一泊覚悟で来た甲斐がありました。娘としては7万円台に抑えたかったようですが、モタモタしているうちに良い物件は次々契約されていくと思われる中、たった2日間の限られた時間内に出会えたこの物件とは“縁があった“と考え、背中を押しました。

部屋空間が決まれば夢も広がるもので、さっそく娘は狭い台所の代わりに愛用の屋台(木製折り畳み式の販売台)を設置、その上で色々調理したいなど。ロクに料理経験もないのに、と思いつつ、そこは嫁の守備範囲なので任せるとして、私はスマホやネットの契約を如何に安く抑えるかに注力することにしました。

独り暮らし自体は元々希望していたものの、掃除洗濯食事など全て母親に任せっきり、生活力の まるでない自宅生あるある状態な娘が、いきなり遠方で独り立ちできるとは思えず色々心配ですが、そこは親にとって子離れの機会。本人にも一度イタい目に遭ってもらって身に沁みれば学ぶところもあるだろうと考えています。安月給なので外食控えて自炊となれば、最寄りの24時間営業のスーパーが大いに味方になってくれるでしょう。しっかり生活基盤を整えた上で、やりたがっていた週末の町おこし活動を東京でも繰り広げてもらいたいものです。眼の前の商店街には活気があるので、そのへん楽しみにしているようで、ちょっと凹んでいた東京行にも前向きになってくれたのは幸いでした。

3/2追記》

いろいろ準備もあるはずなのに、娘は相変わらず毎日おでかけ、人に会う予定が途切れないようです。こちらにいるうちに繋いでおきたい人脈なのだろうと理解はしますが、もうちょっとマンションの契約書とか読み込めよ、と嫁と一緒にボヤいております(^^;

| | コメント (0)

2020.10.31

見える贅沢(術後)

術後初めての両眼視は、これまでになくクリアな視界で脳が混乱しております。メガネにコンタクトレンズを併用し始めた時以来の、久々に無限遠まで見通せる世界に感慨もひとしおです。どんだけ視界が曇っていたのか、どんだけ見えてなかったのかと。
 
レンズの固定焦点化でボヤける範囲が広くなるかもという懸念は杞憂でした。近点が右目約45cm、左目約30cmと ほぼ狙った距離に来てくれたおかげで、従来使用していた累進焦点レンズのメガネを流用でき、両眼視で手前35cmあたりから ほぼ無限遠までワーキングディスタンスが取れることが判明。ずっと手元の文字を読むのはつらいけれど、その時は裸眼になればいいわけで、当面は何とかなりそう。社会復帰が早まりました。
 
最強度の近視への対応からメガネと併用せざるを得なかったソフトコンタクトレンズの装着感が、結構重荷となっていたことも実感しています。帰宅後は一刻も早く外したくなる日が近年多かったので、コンタクトに頼らずに見える身軽さは大きいです。レンズ代のランニングコストも今後は削減され、手術代は約2年で回収できます。

近視の主因たる水晶体を撤去したことで、今後の近視悪化の心配が減ったとも言え、終わってみれば「もっと早くやっておけばよかった」と言わざるを得ない。とはいえ、本格的に視力が安定する1か月先までは試運転。そこで初めて新しい眼鏡を調整し、本領発揮です。見え過ぎて困るという贅沢に早く慣れたいものです。

片目生活を数日間経験したわけですが、利き目の優位性というものも痛感しました。私の場合は右目ですが、現在も左目はメガネで矯正しきれていないにもかかわらず ほぼ不便が無い。ただ、塞がれると それはそれで見づらくなるもので、両目で見ることも情報処理的に大切なのだと思いました。今後も酷使されるであろう私の目、大切にしたいものです。

 

| | コメント (0)

2020.10.30

ドレミファ(術2)

本日左眼。前回の補足。

術中、水晶体を破砕する超音波機器を眼内に挿入する際に水を そこそこの圧力で循環させるそうなのですが、装置の作動音が半音階で構成されたドレミファインバーターのようで(音階は上がったり下がったり)、音程が上がると共に眼に圧力というか鈍痛が襲ってきて、思わず呻き声が漏れる程度には恐怖でした。

| | コメント (0)

2020.10.29

片目生活(中日)

利き目が塞がれるというのは、かように生活しづらいものかと実感。本日その右目をオープン、流石にクリアに開ける視野。これまで如何にソフトフォーカスだったか知れるコントラストで、しばらく脳が混乱するかも知れません。狙ったピントが想定の30-40cm手前より若干遠いところに来たようで、ちゃんと文字を読もうと手癖で近づけると かえってボケる感じ。これは慣れるしかないでしょう。幸いだったのは、これまで使っていた累進焦点メガネ(プリズム入り)が、右目に関しては割とそのまま使えそうなこと。頑張れば手元から、交差点の向こうの距離まで見渡せる感じなので、なんとかこれで一か月持たせて最適なメガネを調整したいところ。いずれにしても明日の左眼の仕上がり次第です。

| | コメント (1)

2020.10.28

光の奔流(術中)

待機スペースから術場までの廊下を車椅子で移動する僅かな時間にも、局所麻酔の点眼を2回3回と繰り返す念の入れよう。手術台に横たわり、瞼をシールやら枠やらで固定されると、激しく眩しい三点の手術灯を見るよう言われ、網膜が焼ける思いをしながら凝視していたら手術開始。眼元で何かされるたびに視野は動き、滲んだ景色は万華鏡のよう。容赦ない光の奔流、時折聞こえてくる術者の呟きに若干怯えつつ、麻酔下でも感じる鈍い圧痛に呻きつつ、わずか10分に凝縮された特異な体験を終えました。覆いを撤去されても視野はブラックアウトしたままで心配でしたが、カッペで覆われた後には徐々に光を取り戻し一安心。ただ、処置後厳重に覆われた右眼の諸々の上に眼鏡をかけることは難しく、残った左目の視野の元、自分の足で帰宅することは断念。嫁に迎えを頼みました。明日の診察後には生まれ変わった右眼の見え方が判明。さて明日は どちらの目を使って行動できましょうか。明後日の左眼手術も滞りなく終えられますように。

| | コメント (0)

2020.10.26

眼を換装(術前)

数年前から羞明、およびクリアでない視界に困っており、眩しい かつ 暗くて見えない が共存している状態でした。加えて半年ほど前から利き目である右目の遠方視力が明らかに低下し、映画鑑賞はおろか日常のテレビ視聴(1.5m先)にも支障を来し始めたため、眼鏡屋で測ってみたところ、左右の度数差が著しく矯正の限界に近いと言われる始末。眼科定期受診を早めて主治医に相談し、右目の白内障進行が明らか、左も そこそことのことで、両眼とも手術に踏み切ることとなりました。

勧めに従い単焦点レンズの予定。多焦点は保険が効かない、単焦点と較べると視界のクリアさに劣るなど。もともと後部硝子体剥離後で飛蚊症があり、見えづらくなる要因は少ない方が良いと考えもしました。
水晶体を眼内レンズに換装=ピント調節能力を失うということですが、固定焦点となった視野が どのようなものか見当もつかず若干心配です。理屈で言えば、明るいところなら瞳孔が閉じて被写界深度が深くなり、ある程度広い範囲でピントが合って見えるだろうとは思うものの。

術後一週間もすれば通常業務に戻り、室内照明の下で目前40~90cmあたりにピントが合ってくれないと困る状況なので、眼鏡の作製を(視力が安定するとされる)1ヶ月先まで待てず、術後数日内に”間に合わせ”の眼鏡を作る算段をしています。こういう時は格安メガネ販売店が ありがたい存在。
術後の裸眼視力で目前30-40cmあたりにピントを置くよう眼内レンズの度数は設定されるはずで、狙った通りであれば近距離は裸眼、90cm~1mの近・中距離は眼鏡運用となる予想ですが、こればかりは術後にならないと分かりません。ちょうど良い距離に裸眼ピントが合っていますように。

見えづらさゆえに紙媒体を読むこと、カメラのファインダーを覗き込むことなどが苦痛だったこともあり、手術に不安はあれど期待も そこそこ大きいです。身近な手術経験者からは、術後特に不便になったとは聞かない点は安心材料のひとつ。良い経過を祈ります。

| | コメント (0)

2018.05.20

言葉空間と、その外側  池辺葵/田村由美

仕事で言葉を弄した後というのは、感性が言葉に縛られるのか全ての毛穴が塞がったかのように趣味のインプットが身体に沁み込まず、コミック積ん読やビデオ録るだけ見ずの要因となるわけで、嗚呼インドアで良いから二週間ほどバカンスいただきたいもの。

ヒト社会が言葉で形作られているのは確かで、論理もしくは言霊の届く範囲でヒトは理解もしくは反発しあいつつ生き永らえているけれど、デジタル画像の解説によく出てくる色空間のこんな絵の如く、何らかの形でヒトが認識できる空間の広さに較べると言語で表現できる範囲には限りがあり、言葉にならない感情などは絵やら音やら別の表現法で補われるのだろうと愚考します(ケツ青いですよね)。二十代の頃、訳も判らず読了した神林長平の小説(作品名失念)で 創想力>創言力 という関係性を知らされて以来の妄執です。


プリンセスメゾン 第5巻 池辺葵 ビッグコミックスピリッツC

3月発売、2ヶ月寝かせて読了。直訳「マンションのお姫さま」もマンション買えたしドラマ化も済んだし、もう終わるものと思っていたら、持井不動産の面々は購入後のアフターフォローも万全な体制でした。行間ならぬコマ間を読むタイプの作品ですが間の取り方が上手い上に、淡々とした中にもコミカルな表現あり、前巻からのブランクが長くても読み易く癒されます。このまま沼ちゃんが新しい部屋と新しい街に馴染むまで物語は続くだろうし続けて欲しい。


ミステリと言う勿れ 第1巻/第2巻  田村由美 フラワーコミックスアルファC

田村先生は(7SEEDS読んでなくて)前作イロメンから2年ぶりくらいでしょうか。この表紙絵で帯に”アタマ爆発!!!”とか書かれたら、一体何事と買わざるを得ません。(表紙買いならぬ帯買いは私史上初かも) イロメンもそうでしたが登場人物が小ネタを含め多弁で丁々発止、それでリズミカルに読ませる上に、題名で言う割に がっつりミステリ仕立ての仕掛けと謎解きが快感で、二冊いっきに読んでしまいました。主人公の整くん(何と読むかはセルフチェックで)、抱えた何かが おぼろげに見えそうで見えないのも気になります。インターバル4ヶ月計算なら次巻は夏過ぎ。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.21

2018.4.30開催・青春ラジメニア”三千里ちょぼ”会場への道順

会場: 豊中市立 生活情報センターくらしかん
3階イベントホール
住所: 豊中市北桜塚2丁目2番1号

12:45 開場
13:00 開演~16時頃まで

建物内は飲み物持ち込みOKですが、食べ物はご遠慮下さい。
豊中駅近くには食事処が多くありますので、食事を済ませてから来場願います。
終了後、ペットボトルなど発生したゴミはお持ち帰り下さい。


《道順》
阪急宝塚線・豊中駅下車、2階にある南改札口を出ます。

1_s_4


左手に屋根付きの踊り場のようなスペースがありますので、そちらへ・・・

2_2
 
外へ出ました。下を国道176号線が走っています。
 
3_2
 
176号線を大阪方面、南へ。
(三井住友・りそな・関西アーバンなど銀行だらけの方角です。標識は「豊中本町」)

4
 
 
「豊中郵便局」の標識が見えたら道半ば。
 
5_2
 
 
「生活情報センターくらしかん 0.1km」と書かれた標識が出てきます。(RIZAPみっけ!)
 
7_r_3

RIZAPを右手に見つつ(笑)左斜め前に入ってゆく道へ進む。(道路標識は「北桜塚2丁目」)
 
8__3

 
 
初めての交差点、左側に丸い感じの建物があり、それが目的地「くらしかん」です。ようこそ!
 

9__2


中へ入り、エレベーターか階段で3階のイベントホールまでお越し下さい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.01

うどんしか食べないツアー

さて春休み。JK生活も2年目に入ろうかという娘も未だに家族旅行に付き合ってくれるので、企画しがいがあるものです。4年前、同じく冬季オリンピックの頃に行った”うどん県”こと香川、今回は転勤族の義弟が現地で待ってくれているので、お邪魔しがてら「うどんしか食べないツアー」第二弾を敢行しました。

前回同様、情報は詳しい友人から。その友人夫妻には初めに訪れた「めんや七福」で待ち伏せられたりもしました(笑)その後、わかめうどん大島家で季節ものの”さくらうどん”をいただいた後に義弟と合流。夕刻には屋島の「わら家」、夜には栗林公園の桜並木ライトアップ。満月近く、眺めは最高でした。

Night_cherry1

Night_cherry2

翌日は朝イチに丸亀「よしや」。開店と同時くらいの入店で、事前情報ほどにな並ばずいただけました。次の「日の出製麺所」は流石の行列、食べるのもアッという間でしたが、味は一番印象に残りました。なんか、全然違うわ。
※ここまで書いて、食べたうどんの写真が一枚たりとも無いことに気付きました。SNSとか得意やないし(^^;

もうひとつの今回の目的、北上が超早い桜前線に間に合うので満開の桜見も兼ねていたのですが、移動途中に目に止まった鎌田池湖畔の桜並木 が殊の外素晴らしかったのでした。

Shade

Bright

Up

Upup

桜の下の往来は地元の方らしき散歩者だけ。これほど満開の桜並木を、人混みに邪魔されず堪能できたのは想定外の幸運でした。四国観光の締めとしては最高でした(^^

Maru_castle

おまけ:丸亀城にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.31

noisy person

前回のエントリー以降、娘と息子が同時に受験期に入り家族イベント激減、人手の面で量的質的な職場環境の悪化のち膠着状態へ、そしてストレッサーたる人物の退職と、色々あって現在に至る。まとめ以上です。一番のトピックは彼(か)の人物がいなくなったこと。

noisyといっても文字通りやかましいというより(やかましいのも大いにあったけれど)、常に彼の人物の存在を意識しなければならない、認知上のノイズといって良いかも知れません。この扉の向こうには、曲がり角の陰に隠れてはいないか?どこに潜んで耳を そばだてているか分からないストレス。彼の人物の中に生じる誤認、誤謬に思い込みとその発信、そして信念のかけらもない表面的かつ不規則な発言。どれだけ会議の進行と皆の思考を妨げてきたことか。萎縮するスタッフ、余計な忖度、手を出せない人事。これが彼の人物の定年まで続くのかと絶望感に苛まれた、ここ数年。

動きがあったのは昨年の夏前。身近過ぎて表面上は受け入れざるを得なかったスタッフ達から、ほぼ初めて直接の具申。更に、彼の人物にとっては最後の砦だったであろう人からの具体的ダメ出し。以降、目立った騒乱は明らかに陰を潜め、私には知らせないまま転職に向けて動いていた模様。こちらもトラウマになっているので、最終出勤日を迎えても、しばらくは”最後っ屁”が恐ろしくて仕方がなかったりしたけれど、ようやく気分も落ち着きました。

入れ代わりに入職したのは大学時代からの知人で、まあコミニュケーションの取り易いことといったら(これが普通です)。会議の方も不規則発言や不要なチャチャなど邪魔が入らないので進行もスムーズとなり、問題点の掘り下げも可能となりました。たったひとりのnoisy personの存在が、組織にどれだけ大きな影響を与えていたか実感しています。退職後に彼の人物の転職先を知ったわけですが、伝え聞く限り新天地でも同じことを繰り返しそうな気がしてなりません。新天地の人達に色々伝えたいのは山々ですが、そんなことすればパワハラ認定されるでしょうからゴメンナサイって感じです。

・・・そうやって情報が伝えられること無く、彼の人物のパーソナリティが今の状態まで完成していったと思うと忸怩たるものがあります。このまま定年まで人並み以上に給料もらって働けるなんて、世の中間違ってるよね。もし今後、同じような人物が間近に配置された場合、私自身は間違うことなく接することができるのか。そんな状況は御免こうむりたいものの、落ち着いた今だからこそ考えられることでもあり、同じ轍を踏まないため思考を巡らせておきたいと思っています。共に戦ってくれた人事部長に感謝しつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧