カテゴリー「走る」の記事

2013.06.16

6月第3日曜

Preparing_s_2

10日前にはこうだった彼が、

Ageha

今朝方こんな感じに。夜を徹してその瞬間を待っていた(そして寝過ごした)嫁の悔しがりようったらないです。

実は、同じ日にサナギになったもう一匹は夜があけてもサナギの皮から透けたまんまで羽化するようすもなく。ふと嫁が「暗くすれば出てくるのでは」と思いついて、ケージを押入れに入れて20分くらい経過して覗いたら、もう脱皮して翅が伸びていたという早変わりショーがありました。本当に、あとは暗くなるだけだった模様。しかしまたも見逃してしまった嫁・・・orz

そんな当直明け朝帰りの今日も、午後は息子を誘って二時間ほど公園へ。死ぬほど暑かったので、キャッチボールとミートバッティングは1時間くらい。あとは水道で水浴びとか木陰で虫いじりとか。

それでも長いこと走っておらず身体がムズムズするので、夕飯の時間を見計らい、17時半頃からいつものコースへ。右膝裏対策のフォーム改造(膝を開かず平行に前へ、太腿は立てて膝下から下腿を蹴り出すように)も漸く無意識にできるようになってきたのですが、最近は膝裏より右の大腿外側上あたりの突っ張るような痛みがしばしば。無理せずスピードに乗れば気にならなくなるんですけどね。

しかしやはり西日が強く、キャッチボールでの体力消耗も相まって予定より短い距離でアゴが出ました。トータル45分(ストレッチ・シグナルストップなど含む)、実走行35分程度で帰宅→とりあえずシャワー。

飯食って新ヤマト観て、一日勉強漬けでボケた娘が『人類滅亡まであと一年』と聞いて「ええっ」とマジレス返したり。八時も過ぎてそろそろ風呂の時間となり・・・

・・・

あー、今年は無しかな?と思ったその時。

Pantz

こんなものが手渡されました。パンツキター!

商品選びがやっつけであろうが袋が近所のダ○エーであろうが、もらうと嬉しいものです。・・・実は母の日の頃から吹き込んでましたけどね!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.25

2012神戸マラソン(ただし4分の1)

R1

応募してみたら当たったので行ってきました>神戸マラソン、といっても参加したのはクォーターマラソンコースです。募集人数がフル1.8万人、クォーター2千人と、わりあい狭き門だったようです。

R0

集合が朝早いため、7時前に家を出て会場に向かったのですが、道中はジャージ姿で一杯。その9割がフルマラソンランナーかと思うと、これはすごいことだなと思った次第。

R2

地方主催ののどかな大会には数度参加した経験がありますが、流石に警備がものものしい。

R4

うじゃうじゃとフラワーロードを埋め尽くす人の波。同時開催の大阪は3万人だそうで、みんなどんだけマラソン好きやねん。

R3

人数の多いフルマラソン陣が先にスタートで、我らクォーター組は30分遅れ。待機場所に約1時間いたわけですが、あいにく日の当たらないビルの狭間で寒いの何の。折りしも朝の冷え込みが厳しく、皆それぞれに着込んだ状態でスタートを待っていました。…でも、この時間帯は手荷物トラックも既に出てしまっているので、羽織っても使い捨てレインコートぐらいなんですよね。せめてもっと日当たりの良い場所を提供して欲しいものです。

R6_qa

9時半、ようやくスタート!Qちゃんと朝原さんのお見送りです。

R7
R8_
R9_hosp

三宮市街地、中央郵便局前、市立西市民病院前を駆け抜けます。車でしか走ったことない道で、なんか気持ちよいです。

R10_28

長田の鉄人28号前。市街地コースは沿道からの声援がすごくありがたいのですが、長田と須磨では小学生だけでなく、地元の人達の声が大きかったのが印象的でした。元気もらいました!

R11

沿道の紅葉を楽しみつつ。

R12_suma

いよいよゴールの地・須磨へ。

R13

このあたりで先頭集団と行き違い。写真は実は第二集団で、先頭は1人ぶっちぎりでした。先方が出発後約85分、当方は約55分、すれ違ったのは約9.5km地点として、それぞれの時速を求めよ… これって旅人算?

R14

クォーターコースのゴール in 須磨浦公園。最後の方は右膝から下が抜けるような感じでツラかったー。公式タイムもサイトに出ているはずですが、いいわけないので見てません。

R15

終わった後は色々振舞っていただきました。嬉しかったのは写真のぜんざい、そして神戸の洋菓子。フルサイズのバスタオル(公式デザインがカッコ良い)や完走証代わりのメダルも。

R155

ちょっとどやねん、と思ったのは写真の公式ウォーター。なんで”六甲のおいしい水”ちゃうねん。

R16

我々クォーター組は海岸沿いコースも終盤の少しだけでしたが、フルマラソンコースは須磨~舞子の往復で堪能できるはず。後で聞いたら、うちの職場からも二人、フルマラソンに参加していました。いつかはチャレンジできたらええな。

R18

折りしも紅葉真っ盛りな時期で、実はこのあと家族と須磨離宮公園で待ち合わせているのでした。しかし汗を長そうにも須磨浦公園近辺に朝から空いている風呂屋はなく、事前にチェックしておいたのが高速長田駅に程近い銭湯「あさひゆ」でした。
R17
設備的には普通の銭湯なのですが、日頃からランナー向けのサービスを色々企画されているようで、他の銭湯が午後からの通常営業なのと異なり、神戸マラソン当日は朝から深夜まで開けてくれていました。料金は410円、露天風呂・無料サウナ付き!露天風呂はハーブ湯でした。シャンプー一本30円でスッキリ汗を流すことができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.09.23

post night-shift/東京ダイエットブラザー

事情で夜更かし。四十路も半ばを過ぎると寝ずの番はさすがにつらく、心臓に負担がかかっていることは明白です。しかしこれも己のため家族のため、がんばらねば。
昼寝をはさみ、来月末の和歌浦ベイマラソン10kmに向けて無理のない範囲でジョギングへ。気温が下がりペースも上がりますが、以前から痛めている右膝裏の調子は相変わらずで、改造フォームのまま位置の高くなってしまった腰を落とす方向で調整中です。十代二十代の貯金が多少あるとはいえ、脚力も心肺能力も人並みな私では、重心を下げて上下動を減らし(メガネ踊らん走法)、省エネにして初めて10kmで一時間切ることができるのです。少しでもガニ股になると膝が悲鳴をあげるので気をつけねば。

Sunset
例によって服部緑地より。もう少し待てば夕焼けが見れたのかな。とりあえず、5km程度から慣らしていかないといけません。調整に当てられる週末は残り少ないですが、11月の神戸マラソンが本番と捉え、あせらず距離を伸ばします。


ウイークデーから土曜にかけて超多忙だったこともあり、某ラジオ番組のポッドキャスト方面に投稿ができなかったネタ。先週の結婚披露宴二次会に、これまた古い友人・I(本名K)が、わざわざ東京から参加していました。付き合いはもう17,8年になるのですが、そのうち関西でディープに遊んだのはたったの3年弱。それでも強烈な印象を残したのは、

Jump
尽きることのないマシンガントークとカラオケにおけるパフォーマンスでした。歌っている時間の一割くらいは宙に浮んでいるのではないかという(笑)弾けっぷりで皆に愛され、東京転勤(里帰りでもある)の後も事あるごとに遊んでいただきました。ただ、東下りの後はダイエットでえらくスリムになった上に、こちらほど弾けている感じもなく密かに物足りない思いをしたりもしていたんですが、こないだの二次会では久々の関西”帰郷”ということもあったのか、皆が知っているいつもの調子で大騒ぎ。まあ場所がフリースペースの居酒屋なので大人の節度は保ちながらですが、短時間でも久々に底抜けの明るさとギャグの切れを見ることができて嬉しい限りです。みんな待ってるので、また来てな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.23

ベイでマラソン with ジャズ(その2)

午後からは家族の出番です。入場料無料、しかもマラソンのおかげでガラ空きのポルトヨーロッパを2時間ほど堪能した後ですが、日頃の成果を見せる時がやって参りました。

3km
3kmコースは小学生が中心。他コースに較べると参加者数は少なめですが、地元の何やらクラブチームっぽい集団が、やたら気合いが入っていてビビりました。

Goodjob
そんな中、4年生の娘は男女・4-6年全て合わせた全体の上位1/3あたりでゴール(^^ 週に一回しか走っていなかったにしては上出来です。

Kasa_2
Jkb
Cos1
今回、仮装が少ないナーと思っていたら、2km・3kmコースの方に山ほど出てました。女子高生姿は流行りの男の娘…もとい、ただの女装です。

Pair
普段走っている3.5kmトレーニングに較べれば2kmは楽だったようで、嫁と息子も問題なくゴールイン。息子は一人だったらもっと上位が狙えたようで、ちょっと不満そう。次からは私とのペアで走るのが良いかな。

Kurosio
ちょうど良い腹ごなしも済み、本日のメインイベント(マラソンちゃうんかい!)黒潮市場へ。思ったよりはちょっと高めの値段設定でしたが、海鮮丼を堪能しました。

Kanran
Spotlight_2
あとは日が暮れるまでポルトヨーロッパへ。観覧車から海を眺めてホッとひと息。

大会に出るときはいつも思うんですが、たった10km、たった一時間程度の中にも”旅は道連れ”的な空気があって、似たペースで走っているランナーの間で自然と声をかけあったりするんですよね。私も人からいただいた励ましの数だけ、他の人に声をかけさせていただきました。
これを機会に、子供らがマラソンに目覚めてくれると私としては嬉しいものです。あと、嫁も是非続けてダイエットに勤しんでいただきたいところ。タイムが縮まり調子に乗った私は勢いで、追加募集のあった西宮国際ハーフマラソンに申し込んでしまいました(もちろん10kmですが)。レースに出るばかりでは速くはならないでしょうが、皆で走るのはやっぱり楽しい(^^ いつも通り、マイペースて行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイでマラソン with ジャズ(その1)

昨年は膝痛でキャンセルを余儀なくされた和歌浦ベイマラソンwithジャズ、リベンジして参りました。前日まで博多に出張だったんですが頑張りましたよ。今回は初めて家族で参加。上の娘は3km、嫁と下の息子はお手々つないで2kmコースです。

Start
ハーフ、10kmともに三千人近く参加していたようですが、その割には道幅が狭く、けっこうひしめき合って走ってました。

Europe
ポルトヨーロッパを眺めつつ~

Take_photo_2

スタート地点を今一度通過してから場外コースへ。今回は流石に家族のお見送りがありました。しかしこの後すぐ、ポルトヨーロッパに吸い込まれていったのは言うまでもありません。(笑) ゴールしても一人、寂しい人生です。

Sea
Sea2
さすがベイマラソンといった眺望。空模様がやや悪かったんですが、雨はパラついた程度で何とか保ちました。

Jazz
withジャズってことで、スタート地点のメインステージ以外でもコース各所にジャズメンの姿が。

Fura
なぜかフラダンスの姿も。応援ありがとうー

Top
約6kmの地点で、トップ集団とすれ違い。速い速い。

Gogo
起伏の少ないフラットなコースで皆マイペースで走れるためか、レースが進んでも集団があまりバラけません。

Primera
今回、サプライズで沿道に応援に駆けつけていただいた方。私が四半世紀に渡り聴いているラジオ番組のリスナー仲間で、参加予定だったんですが2週間前に手術から退院されたばかりにつき、やむなく不参加。一緒に走れなかったのは残念でしたが、熱い応援のおかげで近年の自己ベスト・53分45秒/10kmで走り切ることができました。ちなみに彼のベストは49分台。次回こそ一緒に参加して引っ張ってもらいたいものです。

Ume_2
ゴール地点にはドリンクのみならず紀州梅が待っておりました。さすが! ウマー

<続く>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.09.19

朝走る

”朝走る女は妖怪だ”などというセリフを妖怪人間ベムあたりで聞いたような…それはさておき、6月に走った大会で「自分らも走る!」と思い立った子供らが、次に参加予定の和歌浦に出場することに。レースと言っても上の娘が3km、下の息子と嫁が手をつないで2kmのジョギングとお手軽。そんなわけで、ここしばらく家族4人で週末に約3kmのご近所コースを走っております。

Run


以前冬場に走らせた時一寸ヤバかったこともあり、最初は慎重に…流石にふだん運動場とかで走り回るのとは勝手が違いペースも落ち着かず、2km過ぎたあたりで娘も息子も息が上がっていたのですが、2回3回と走るうちに二人ともサマになって参りました。早くも自分の走行ペースを掴んだようで、子供ってすごいと思った次第。夕方はまだ暑いので、週末の朝に早起きして走るわけですが(つらい)、嫁が一番積極的だったりします。私や子供らがベッドから出る頃には着替えも万端、メイクもばっちりです。ウイークデーの朝の鈍さがウソみたいです(笑) 最初は近所の目が云々とか言っていた気もしますが、少しはウエストが絞れてきたのでしょうか。いちおう中学と大学は体育会系だったようなので面目躍如といったところ。

家族が走り終わった後に私は別メニューでプラス7km、自分のレースディスタンスをこなします。足慣らしが終わっているためか、一人で10km走るより膝への負担が軽く、調子が良い感じです。調子が良いので欲を出し、久しぶりにタイムを気にしつつ走ってみました。ヘタレな私はゴールが見えないと飛ばせないので、家族と走る共通コースだけですが… Run&Walk曰く、3.3kmを18分13秒とな。これを3倍にすれば10kmを55分…あれ、そんなもんか(--; 全然でしたね。二十歳前後に10kmのレースで49分だったので一寸くやしい、ていうか若気の至り。やっぱり体力有り余ってたんでしょうね。でも同じレースで当時五十代だった私の親父は私より早かったはずなので、色々がんばってみたいもの。やはり通勤run?片道20kmなんですが(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.05

朝が来る町

ちょっと外れだったホタル狩りで遅くなった翌日だというのに早起きし、朝が来る町に行ってきました。兵庫県朝来(あさご)市・たたらぎダム湖マラソン大会です。マラソンといっても、例によって私は10kmコース。早い入梅で3週間も走ってない上に風邪引いた病み上がりというコンディションの悪さでしたが、去年もキャンセルしていて豪華な参加賞がもらえず悔しい思いをしていたので、頑張って行って来ました。

Mountain

ホントに山あいの町です。薄曇りでけぶる山々が美しい。

Asaichi

即席の朝市が安い(^^ 野菜を買ったら、帰る時間まで預かってくれる親切さ。

Mob

芝生も目に眩しい風光明媚な場所で、それほど気合入れて調整している人も見当たらず(他でやってたかも知れませんが)、比較的のどかな準備風景でしたが…

M

昨年も参加のtom_nakaさん情報で聞いていた、スタート直後から続く標高100m/2kmの上りがとてつもなくキツい!無謀にも伴走を試みたtom_nakaさんには早々にチギられました。順位はダブルスコアやったなあ。

Lake

ダム湖は独特の佇まいでした。静謐な感じで、晴れていたらもっと風光明媚だっただろうと思いつつ、それで気温が上がっていたら完走も難しかったろうと思える余裕の無さでした。とにかく、どんなに足が重くとも止まらない、歩かないことを目標に走りました。…すみませんウソです、写真撮る時は止まってました(^^;

Down

上りがキツければ下りもキツい。レース終盤に、斜度がある長い下りで相当足に来ます。ここで飛ばしてこそ記録になるのでしょうが、ヘタレな私は転倒を恐れ、ラストスパートは道が平坦になってからでした。

Bridge

そんな感じで私が死にかけながら激走していた頃、嫁と子供らは田舎の川辺で水遊びを堪能していました。ダム湖からの放水時には沈むであろう低い橋を基点に、いい塩梅に浅い川は遊びやすかったようで、大漁だったサワガニとカエルを見せてくれました。(写真はあえて割愛。けっこうグロい…)

Snap

Snap2

2km設定のジョギングコースでも最初の上りは共通のはずですが、小学校低学年っぽい小さいのやバギーを押したママさんランナーも参加していました。現地に着いてから子供らも走りたそうにしていたので、次回は家族で参加したいもの。嫁を走らせるのが一苦労かも知れん…

最後にtom_nakaさん、お疲れさまでした。誘ってくれてありがとう。無料開放のお湯場、堪能しましたヨ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.04.24

走れ走れ

たまには景色を楽しんで~

tom_nakaさんに紹介してもらったスポーツコンサルタントもやってるカイロプラクティクの先生に受診したら、「あんたの腰痛と膝痛は大したことないからもっと走って鍛えなさい」という結論に(汗) 相変わらず痛いけれど、まあそういうものかと思って教えられた足運びを試しつつ、久々に10km走を試しました。去年の志摩ロードパーティー後に膝痛が出てからは最長5km止まりだったのでどうなることかと思いましたが、根が単純なもので”大丈夫”と言われたら結構いけました。
まあ走れたのは気の持ちようだけではなく、教わった”一本のラインの両脇に沿わせるように、両足を平行に進めてゆく”走り方をやってみたんです。そしたら痛みのある腓骨筋外側頭(膝裏外側ちょっと下)への負担が減り、痛みが出なかったのは新しい発見でした。その分、内側頭(膝裏内側下)と大腿の伸筋群(太もも前)にテンションがかかって膝から下全体がつらい感じになるのですが、負荷を分散させる方法が見つかったので今後痛みが出た時には対処できそうです。8kmまで問題なく走れて予定通り完走、と思っていたんですが。

迷子になりました(汗)久しぶり過ぎてコース取りを間違えたようです。もしくは後で考えて、右に曲がるべきところを左に曲がってしまったのが原因と思われます。どんだけ方向音痴やねん。見知った通りに出るまで約20分のタイムロス、最終的に予定以上の13km近くを走ってしまいました。余分な道のりは未知の領域だったので流石に足にきましたが、走り切ることができたので6月5日のレース10kmは多分大丈夫だろうと自信がつきました。災い転じて福をなす、あとはストレッチとマッサージで明日に疲れを残さぬよう。

しかしこれだけ走っても、ユニクロのチノパンはウエストサイズが5年でプラス3センチ。食べ過ぎなんでしょうか、それともカイロの先生の言うように通勤ランでもした方が良いのでしょうか。片道20kmはキツいよなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.11

いまこんなぽ(笑)

100円ショップで手に入れた万歩計がことのほか気に入って、毎日付けて歩いては一日の歩数を記録するのが下の息子の日課となっております。
事あるごとに外して見せては「今1000歩」「ここまでで3000歩」とか報告するのですが、最近は数字を省略して万歩計の数字を見せながら「今こんな歩(ぽ)<※”こ”あたりにアクセント>」とか言うてきます。なんかかわいい。

Img_0861

とうとう、ばあちゃんに本格的なのを買ってもらいました。
 
そんな感じで毎日歩数を稼ぐことが趣味な状態ですが、今日はジョギングに付き合うと自ら申し出てきたので一緒に走らせました。ゆっくりですが私が距離を稼ぎたかったので、頑張って4km/35分/約6000歩。6歳児には流石にきつかったようで、1回転倒+3km越えたあたりで喘息っぽい咳が出始めたのにはビビりましたが最後まで走り遂げました、素晴らしい!でもこわいんで次からはもう距離を短めにしよう(寒くなるし)。

私の方は右下腿・膝付近の調子がやはりよろしくない感じ。膝下のふくらはぎ外側だけでなく前脛筋にも違和感が… 思う通りに走れないのはつらいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.20

膝のリハビリ途中経過

4月のロードパーティー参加後、10kmコースを2度ほど走った頃からどうにも右膝がおかしくなり、そのうち3kmも走らないうちに痛くて足が進まなくなってしまいました。歩く時など何ともないので関節そのものではなく、たぶん膝周りの腱の使い痛みなんだろうと思い、1ヶ月ほど休んでストレッチ・マッサージなど試してみても全くダメで、2kmも走ると痛んで歩いてしまう体たらく。ロードパーティー参加のため、比較的短期間に走行距離を延ばしたのが祟ったようです。こうなっては仕方ないので腹を決め、6月の朝来・たたらぎダム湖マラソンもキャンセルして5月以降、夏の間は全く走らずにいました。まあ、いつも夏は暑くて走る気にはならないんですが…

痛んでいるのはどうやら腓腹筋の外側頭あたりな模様。症状からすると軽い肉離れ?どういう状況で痛めるのか、ネットでちょっと調べてみましたがよくわかりません。ただ、短距離で負荷がかかりやすいのが内側頭方面で、ジョギングでは外側頭だという記載が一部にあったので、やっぱりそうなんかなーと納得してみたり。

幸い夏場にウエートやウエストが増加することもなく、気候も良くなってきたのでソロソロ走り始めたところです。といってもまだ、痛みとまではいかずとも違和感が残っていてちょっとこわいので、ペースメーカーとして子供を伴走させました(笑)これならペースは上がらないし距離も短く終わります。特に初日は慎重を期して、上の娘に加えて下の息子も一緒に走らせました。(いちおう本人同意の上です) 短い足をクルクル回しても本当に歩くようなペースですが、こちらの狙い通り丁度いい感じ。姉弟でじゃれ合うように約2.5kmのコースを25分で走り切りました。幼稚園児でもけっこういけるもんだなあ。それが一昨日で、本日は二日目。前述の昆虫館帰りだったこともあり息子は拒否、娘だけの伴走で少しペースアップして3.2kmを24分。幸い、どちらの走行でも痛みは起きずホッとしてます。

目標として10/24の和歌浦ベイマラソンを設定しています。さすがに10kmはまだこわいので5kmコース。海岸沿いをゆっくり楽しみながら走る予定です。

私も嫁も、最近足とか腰のトラブルが続いています。よる年波ってやつを感じますね。そろそろ整体とかサプリのお世話になったものか、なんて思ったり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧