カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

2011.03.06

大人のおもちゃに大ハマり

もちろん成人向け玩具のことではありません。10年近く使っていたシャープの電子手帳・ザウルスが色んな意味で限界だったので、ここしばらく代わりを探していたんですが、いつの間にかiPod Touchを手に入れていました。といっても最新ではなく一つ前の中古。カメラついてないけど電子手帳の代わりなんでマァいっか、と手頃な価格のものをネットオークションでポチったのが先週半ば。

ザウルスで重宝していた手書きメモが使え、カレンダーにスケジュールが書き込めたらそれで十分…と思っていたら、無料の定番クラウドソフト"EVERNOTE"とスケジュール帳"CCal"があまりに便利で、手に入れて一週間程度だというのに予定表にメモに使い倒してます。あと有料ですが手描きメモ"FastFinga"。これだけでもう欲しかったスペックを十分確保できているんですが、勢い余って無料ソフトをしこたまインストールして毎日ヌルヌルと触り倒している状況。もともと流行っているものはとりあえず避ける(笑)方なのですが、電車の中などで小さな画面をヌルヌル触っている人達を横目で見ては鼻で笑っていた先週までの私がウソのようです。

実は一年ほど前、似たようなことを期待してWillcom 03という端末を手に入れたんですが、レスポンス悪いわ操作は煩雑だわでロクに使えず死蔵させていたんです。03もWiFiの使用を原則として導入したのですが、用途の全く違う携帯端末にパソコンと同じウィンドウズを無理やり載せたようなインターフェースが本当に使いにくい状況でした。私のメインキャリアはauなんですが、Android携帯はまだ高いしウイルスが若干心配だったりして手を出せず、次に使うなら同系統スマートフォンの始祖であるiPhoneかiPod Touchを、と思ってました。

有料ソフトにしても価格設定が2~300円程度のものが多く、値頃感がある上にクリックひとつで直ぐにインストールまでできてしまう魔力。これ、ひょっとすると月末の請求がヤバいことになるんじゃないかと少々引き締めにかかっております(汗) とりあえず無料で著作権フリーな電子書籍群・青空文庫が読めるソフトを入れ、にわかに読書を始めてみたりもしています。バーチャルなページをめくる感覚が結構快適。1ページあたりの文字数が少ないのでサクサク読めます。

ただ、色々ソフトを試していて痛感したのは、やはりネットで常時接続されていることを前提としたソフトの多いこと。例えばオフラインでフルに利用できる乗換え案内ソフトは検索してもパッと引っかかってきません。繋がりっぱなしの日常にどっぷり浸かるのは非常時に危険だと感じていて敢えて避けているんですが…でもiPhoneだと携帯のGPSとカメラを使った”星座表”というのが面白くて、夜空にカメラをかざすと端末に映る星空に星座の絵が加わって表示されるんですよ。まさに端末の機能を存分に使っていて、こんなことができるならソフトバンクにだって魂を売るぞ!、と一瞬思ってしまったり。

冗談抜きで、先に書いたクラウドの利便性は本当に捨て難い。小さな端末でメモしたものがパソコンで全く同じように閲覧できる上、落ち着いて整理したものが直ぐに端末上に反映されるのは衝撃的ですらあります。ていうか既にモバイルWiFiサービスの検討を始めています。いやまだ高いから… でもうまく遣り繰りしたら何とか… いやいや… 

R0023060_2


いろいろ悩みつつ、裏面のテカテカメッキにヘアライン加工を入れてみたり。自分で言うのも何ですが見事にハマってます。こんな私の明日はどっちだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.31

光の速さは必要か(追記あり)

光の速さで歩け~ もとい、

ひとつのケースレポートとして読んでください。このたび、ネットを光回線からADSLにダウングレードしました。
もともとキャンペーン価格4k円余/月で契約開始した高速回線、快適でしたが2年が過ぎて一気に6k円台に値上がりしたのがきっかけでした。折しも今月は赤字会計の我が家のサイフ見直し月間、ネット接続費用も敢なく事業仕分けの対象に。月額約3k円、年間35K円以上の節約です。しかしその分、下り30Mbps・上り25Mbpsを確保していた回線速度の低下は必至。

※追記。NTT接続料を計算に入れてませんでした。お粗末!それでも年間約15k円程度の節約にはなる計算ですが、コストパフォーマンス的には微妙なところですね…

いかにもヘビーユーザーっぽい友人や、光回線の機材を回収に来た“みかか”方面の兄ちゃんにさんざん“遅なりまっせ”と脅され戦々恐々。局からの回線距離もわからず、果たしてADSLがちゃんと繋がるのかさえわかりません。

ADSLかて50Mbpsを標榜してるやん、と自分に言い聞かせ、恐る恐る回線速度測定サイトで測ってみれば、ダウンロードで約5Mbps…うわ、遅なった…でも待てよ。思った以上にネット動画がサクサク動いています。ハイビジョンでも大丈夫な模様。光になる以前、ADSLだった時に全く回線スピードが追いついていなかった“アクトビラ”の動画視聴も、標準画質では問題ありませんでした。

回線速度測定サイトのデータで下りは約1/6、上りは1/20~25のスピードまで遅くなったのですが、結果的に恐れていたほどでは全くありませんでした。上りに関してはオンラインストレージへのファイルのアップロードが眼に見えて遅くなっているのは確かですが、どんなに時間がかかろうと繋ぎっぱなしならいつの間にか終わっているわけで。

では逆に、光回線を必要とするのはどんな人なんやろうと思ってしまいます。業者が煽ってんちゃうの?とか邪推してみたり。まあ、みんながADSL使っていたらベストエフォートである回線速度ももっと遅かったわけで、あまり文句は言えません。しかし光も、みんなが使うようになったんやからもっと値下げしたらええのにと思いませんか?なんかボられてるようで。

ちょっと古いですがこんなサイトを見つけ、裏が取れたようでホッとしています。それでも何ヶ月か後に、やっぱ遅いわ~とか言うて光に戻しているかもしれません。その時は笑ってやって下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)