カテゴリー「趣味」の記事

2019.03.03

一冊完結本の世界 佐々木淳子/須藤真澄/とり・みき/都戸利津/朱戸アオ

一冊で物語が完結するマンガが好きです。何十巻も続く大長編な名作もあるけれど、語り過ぎずに完成された一冊の世界は生命球のように美しく、描かれなかった部分への想像力も自然と掻き立てられるというもの。調べてみたら こんなサイト もあり近作はそちらを見ていただくとして、今や忘れ去られそうな名作を挙げてみます。いずれも単行本を新品で手に入れることはできず、いま読む方法は古書か電子書籍になるわけですが、著者への敬意を込め、できれば電子書籍で読んでいただきたく。

SHORT TWIST 佐々木淳子 1988年

意識だけが時間跳躍するという斬新なアイデアの元、主人公・操の”意識”の時間軸に沿って語られる構成で、天才物理学者・拓美と謎の刺客・レニーが ある目的を持って対峙する。そして壮大ながら余韻を残す幕引き。「ダークグリーン」で見事な異世界を構築した佐々木先生の面目躍如。


アクアリウム 須藤真澄 1994年(2000年再版)

金魚の”おじいちゃん”が住まう世界に意識を繋ぐ主人公・杢子と17歳年上のおば=おねえちゃん・しずかの5年ごとに語られる日常描写。牧歌的な絵柄とお話は世界の秘密の全てを語ることもなく、ただ心地よく進んでゆきます。出会って四半世紀、いまだにオールタイムベストの一冊。(映画化もされました)


冷食捜査官(1) とり・みき 2008年

人々が合成食だけを許され”食料統制”が行われる中、かつての生きた素材による食事を求めて冷凍食品=冷食が裏で取引される世界。ハードボイルドなセリフを吐きながら小ネタ満載のコマの中を冷食捜査官が狂言回しの如く動き回り、止まらぬ含み笑いとともに意外なヒューマンドラマで魅せる、良い意味で一筋縄ではいかない作品。第1巻の表記はあるものの、最初の一話が掲載されてから単行本化まで17年かかっていることを考えると続刊は何時になることやら。ということで実質、一冊本です。


環状白馬線 車掌の英さん 都戸利津 2009年

当時たいへん評判を呼んだ名作。見事な構成に考え抜かれたネーム、すべてが優しい世界。迷わず読むべし。紙の本ないのかー(悲)


Final Phase 朱戸アオ 2012年

パンデミックもの、というジャンルがあれば、いの一番に思い出される作品がこれ。扱われるウイルスは全く一般的ではないのに、説明臭いセリフもなくミステリ作品のように一気に読ませる技量がすごい。医療関係の描写も的確。その後、作者は講談社の青年誌に移籍して「リウーを待ちながら」で本作をリブート(物語の構図と主要人物の造形から確信)。今年4月からはインハンド・シリーズが 実写ドラマ化 とあり、作者いよいよブレイクか。本作の再版に期待。
 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.10

イヤホン道楽(アシダ音響 EA-HF1)

通勤の満員電車内の気晴らしにはスマホSNSより音楽を選ぶ方で、プレーヤーは”そこそこ”のものでも出口たるイヤホンには少々こだわりたいこともあり、コスパ高いと評判の中華イヤホンをAmazonで買い漁った頃もありました。結局、聴き疲れせず外での装着感に優れるAurvana In-Ear2(シュア掛け使用)、HP-CN40Aに長年落ち着いていますが、ちょっと年末に物欲が疼き、例年お世話になっている”ふるさとチョイス”で見つけた唯一の選択肢が、このアシダ音響EA-HF1でした。

Rimg0401

使い良いように少々手を加えています。以下サイトを参考にさせていただきました。
スライダー自作: http://kama3104.blog96.fc2.com/blog-entry-99.html
コネクタ断線予防: https://www.appps.jp/135092/

まだエージング不足で音が硬いままでの印象ながら、音場の広さと高解像度が印象的。通勤の雑踏雑音下でも、同じ音源で今まで聴こえなかった楽器の音が聴こえる驚き。ボーカルのコーラス部分も分離が良く、各パートを聞き取ることができます。なんたる高性能!再生帯域はスペック上ハイレゾ仕様、聴感上もワイドレンジ。高域はクセなく粒立ち、低域はボリュームないもの最低音まで伸び切っています。ボーカルよりインスト向けと言えましょう。ただ、モニターライクな味気ない音ではなく響きをもって聴かせてくれます。

ふるさと納税で入手したわけですが、震災の爪痕残る石巻市に貢献できたという思いもあり、大変満足な返礼品でした。

↓Amazonでも買えます。コスパ良し!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.20

耳を開放せよ

職場でスキマ時間に音楽を聴きたい。呼び出しがあるから遮音されては困る、けれどスピーカだと周囲に迷惑が・・・ いろいろ開放されたいよ!という思いで(違)開放型=オープンエア型ヘッドホンの購入を考えました。文字通り、音の抜けが良いのが特徴です。
 
いつの間にかeイヤホンが梅田に出店していたのを、意外にもオーディオとは無縁な娘から教えられて行ってみたのですが、残念ながら視聴コーナーすぐ脇でBTスピーカーをガンガン鳴らしている人が。仕方ないので、いつもの日本橋店へ視聴に参りました。金かけられないので中古新品を問わず予算2万円以内で物色。


 
オープンエアの定番”プリン”ことゼンハイザーHD598も試したのですが、柔らかくて良い音色ではあるものの、私の頭には思ったより締め付けが窮屈。(音はHD598SR も一緒と店員さん曰く)



 
装着感ではオーテクのATH-ADシリーズの軽さが捨て難かったのですが肝心の音がね、2000クラスじゃないとね・・・ 最終的に、似た装着感で中古の出物があったAKG K612Proを宅に連れて帰りました。音質フラットな、とても素直で良い子です(^^

手持ちの小型PCに圧縮音源(一部ハイレゾ)を仕込み、本当はスマホ向けの超小型DAC(EHP-AHR192GD )を格安で入手して、こちらの記事を参考にドライバ導入(こちらのリンク によるとWind10では既にドライバ不要とのこと)、これならPC直指しよりマシな音質になるはず。※絶対的高音質よりコスパ優先です。
その後、AKG K612Proだとインピーダンス高くてEHP-AHR192の内蔵アンプでは荷が重いことが判明。Amazonでお手頃価格のポタアンを手に入れて接続。内蔵オペアンプの質が良いとのことで、一聴して悪くなかったので良し。

Img_0302_2


このようになっております。音楽を仕込んだ小型PCはメインPCとモニタ・キーボードを共有して裏に仕込み、これ見よがしにならぬよう配慮。音楽用インターフェースは定番foobar2000、古いPCですがFLAC96kHz/24bitを問題なく再生してくれています。自分の城が完成し、大変満足でございます。

費用:約15k ← 超重要ポイント

白状しますと、ヘッドホン選びの過程でゼンハイザーPX95なる良品を見つけ、ネットオークション方面で(格安で)手に入れたりしているので実際のコストは上記+αです。今回の用途には合いませんでしたが、良い音かつ装着感が軽いため、自宅の自室以外の場所でプレーヤを使う際の相棒となりました。どこにいても幸せになれるので、それはそれで良し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.30

いわゆるひとつの現金特価@日本橋

約1年前に導入したハイレゾ再生環境、いまひとつ納得のゆく音が出ません。ソースに問題があるわけもなく、プレーヤーアンプを変えても傾向は同じ。ここはひとつ、今年一年頑張った自分にご褒美と称して、音の出口たるスピーカーを新調しようと思い立ちました。デスクトップに設置するので、ユニットの大きさは12-3cmクラスまでで検索検索~。

手ごろな価格帯で評判の良い上記二機種、ネットで簡単に買えるけれど、選ぶとなれば自分の耳で確かめなければ。どうせ出向くなら手軽なヨドバシではなく、”オーディオ街”日本橋に少しでも貢献しようと、久しぶりに某老舗店へ。

表通りに残ったオーディオ専門店は、見る限りシマムセン、河口無線と共電社のみ。足繁く通っていた頃はサウンド寺下ほか小売店タイプの店がたくさん並んでいたものですが、本当に淋しくなりました。以前から気付いていたのですが、残ったオーディオ店は客の入りが極端に少なくなってます。土日の午後でも、店内はたいがい私一人に対し店員が3~4名。みな応対に付くでもなく静かに仕事をしておられる感じ。こちらから声を掛けづらいったらない・・・まぁ、オーディオ専門店は昔からこんなもんだったか。

2階・単品オーディオフロアには如何にも”試聴できます”という感じでスピーカーが林立しているのですが、並ぶ製品の価格帯が ことごとく上記2機種の倍以上。一応DALIの方だけは陳列されていたものの、「これが聴きたい」と言えないまま、ひとまず1階へ退散。するとそこには暇そうな店員さん一名と、幸いにもシステムコンポに繋がった上記2機種を発見しました。売れ筋ってことなんでしょうね。さらに1階には中古コーナーがあり、ペア3万円でオルトフォンの小型スピーカー(こちらでしょうか)が陳列されていました。併せて試聴をお願いしたところ、快く付き合ってもらえました。←店員なんだから当たり前ですが、何となく(^^; 

元より物静かな店員さんだったようで、セールスポイントを滔々と語るようなことはなく「DALIは柔らかな音、TEACはバランスが良いです」と寸評を簡潔に述べた上で粛々と試聴の準備。持ち込んだ数枚のCDをとっかえひっかえ、こちらも黙って試聴に没頭。DALIは定位が甘いけれど音色が良く(後で確認したところ、リスニングポジションを選ばないのが売りでした)、TEACは同軸2ウェイの特徴か、厳密にポジションを選べば非常に小さく明快な音像を結ぶことが分かりました。好みとしてはDALI、価格的にも こちらが安く、そのまま決めても良かったのですが、どうしても試したいことがあって店員さんにおねだり。 「…ハイレゾ音源持ってきたんですけど…」シスコンで再生はできず、それなら上で聴きましょう、と先ほど退散してきた2階の試聴コーナーへユニットを気軽に持って上がってくれました。

試聴コーナーも直ぐにハイレゾ再生できる状態ではなかったのですが、そこは流石に専門店、店先に並んだハイレゾ再生機能付きプレーヤーを ひょい、と運んでセットアップ完了。幸い自宅のプレーヤーと同等の機種で試聴の条件を揃える事ができました。ここでZENSOR1(センソールと読むらしい)と中古のオルトフォンを並べ、待望のDSD音源を再生してみました。解像度を確認すべく、さっきよりスピーカーから距離を置き、ボリュームを上げて再生。オルトフォンはカッチリした、しかし乾いた感じの音。ZENSOR1はサイズから想像されるより大きな音像を結び、人によっては大味と感じるかも知れませんが、決して解像度が低いわけではないことが分かり納得しました。元より艶やかでウェットな音の響きが私の好みに合いました。
「これ、いただきます。」

最近はネットで買い物が多く、その方が価格も安いので、(システマチックな量販店は別として)ちゃんと店先で買い物をしたのは久しぶりかも知れません。今回も値札の価格がネットの最安より5,6千円高いのを承知の上で、色々試させてもらった代金として納得していたのですが、じゃあ現金で払います、となった時に「では、代金はこちらで結構です。」と下記の如し。

Receipt_2

手書きの領収書なんて久々に見たよ・・・いやそれより、ネット最安を凌駕!そう、日本橋での買い物といえばこうだった。値札通りにはいかない=値切ったり「まけときますよ」とサービスだったり、そんな駆け引きさえ買い物の楽しみでした。むしろ色々ワガママを言った後なので、申し訳ない気になってしまいましたよ。

そして油断したのが持ち帰り。小さいとはいえスピーカー、梱包重量は10kg近くなるのを想定しておらず、自宅までの小一時間が若干つらいものでした。しかしそこも店の人は分かったもので、よくあるプラスチックの取っ手などではなく、ビニール紐で太い取っ手を編み上げてくれていたので、手は痛まないし取り回し易く、ずいぶん助かりました。

Totte

最初は敷居が高かったものの、結果的に満足のゆく試聴ができた上に財布に優しいサービス価格、わざわざ日本橋に出向いた甲斐がありました。やっぱり商売の基本は対面販売ですよねー。と分かったような口をききつつ、次にお世話になる財力があるのかどうか。店の存続も気になるところですが、ネット通販でもがんばっておられるようなので、まだ大丈夫かな?

やー、次はDACかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.06

大人のおもちゃに大ハマり

もちろん成人向け玩具のことではありません。10年近く使っていたシャープの電子手帳・ザウルスが色んな意味で限界だったので、ここしばらく代わりを探していたんですが、いつの間にかiPod Touchを手に入れていました。といっても最新ではなく一つ前の中古。カメラついてないけど電子手帳の代わりなんでマァいっか、と手頃な価格のものをネットオークションでポチったのが先週半ば。

ザウルスで重宝していた手書きメモが使え、カレンダーにスケジュールが書き込めたらそれで十分…と思っていたら、無料の定番クラウドソフト"EVERNOTE"とスケジュール帳"CCal"があまりに便利で、手に入れて一週間程度だというのに予定表にメモに使い倒してます。あと有料ですが手描きメモ"FastFinga"。これだけでもう欲しかったスペックを十分確保できているんですが、勢い余って無料ソフトをしこたまインストールして毎日ヌルヌルと触り倒している状況。もともと流行っているものはとりあえず避ける(笑)方なのですが、電車の中などで小さな画面をヌルヌル触っている人達を横目で見ては鼻で笑っていた先週までの私がウソのようです。

実は一年ほど前、似たようなことを期待してWillcom 03という端末を手に入れたんですが、レスポンス悪いわ操作は煩雑だわでロクに使えず死蔵させていたんです。03もWiFiの使用を原則として導入したのですが、用途の全く違う携帯端末にパソコンと同じウィンドウズを無理やり載せたようなインターフェースが本当に使いにくい状況でした。私のメインキャリアはauなんですが、Android携帯はまだ高いしウイルスが若干心配だったりして手を出せず、次に使うなら同系統スマートフォンの始祖であるiPhoneかiPod Touchを、と思ってました。

有料ソフトにしても価格設定が2~300円程度のものが多く、値頃感がある上にクリックひとつで直ぐにインストールまでできてしまう魔力。これ、ひょっとすると月末の請求がヤバいことになるんじゃないかと少々引き締めにかかっております(汗) とりあえず無料で著作権フリーな電子書籍群・青空文庫が読めるソフトを入れ、にわかに読書を始めてみたりもしています。バーチャルなページをめくる感覚が結構快適。1ページあたりの文字数が少ないのでサクサク読めます。

ただ、色々ソフトを試していて痛感したのは、やはりネットで常時接続されていることを前提としたソフトの多いこと。例えばオフラインでフルに利用できる乗換え案内ソフトは検索してもパッと引っかかってきません。繋がりっぱなしの日常にどっぷり浸かるのは非常時に危険だと感じていて敢えて避けているんですが…でもiPhoneだと携帯のGPSとカメラを使った”星座表”というのが面白くて、夜空にカメラをかざすと端末に映る星空に星座の絵が加わって表示されるんですよ。まさに端末の機能を存分に使っていて、こんなことができるならソフトバンクにだって魂を売るぞ!、と一瞬思ってしまったり。

冗談抜きで、先に書いたクラウドの利便性は本当に捨て難い。小さな端末でメモしたものがパソコンで全く同じように閲覧できる上、落ち着いて整理したものが直ぐに端末上に反映されるのは衝撃的ですらあります。ていうか既にモバイルWiFiサービスの検討を始めています。いやまだ高いから… でもうまく遣り繰りしたら何とか… いやいや… 

R0023060_2


いろいろ悩みつつ、裏面のテカテカメッキにヘアライン加工を入れてみたり。自分で言うのも何ですが見事にハマってます。こんな私の明日はどっちだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)